FC2ブログ

アニメ: 2012秋アニメ感想(9.1) SAO #22「グランド・クエスト」の感想の続き

 昨日の晩書こうと思っていた、SAO#22の感想の続きです。
 結局、天気が悪いからと日曜にずっと家でごろごろしていたら真っ昼間に寝落ちしてしまった、というのが「ずれ」の原因なんですよねー。

ソードアート・オンライン #22「グランド・クエスト」
 まあ続きと言っても、思ったこと、思ってたことをこの機会にざらざらっと並べてみるだけなんですけどね。
 つまりは、単なる雑感、思い付きの羅列です。

・リーファの身長
 以前、リーファのキャラデザについて原作と比べてどうこう言ったことがありました。具体的には、原作文庫三巻の表紙イラストよりもやや大人っぽい雰囲気で、ALO内ではやや小さな感じのキリトを引きずり回す感じがしていいかも、というようなことでした。
 そのときに二人を並べた絵を載せてみたんですが、こんな↓でした。
sao17_rifa19.png
 でも、前回(#21)、こんな絵がありました。
sao21_leefa5.png
 …………なんか、随分違いますね。リーファが小さく見える。上の絵の視点の位置による遠近法的な効果を考慮しても、ちょっと変ってますね。この後、今回も結構並ぶとリーファが小さいです。
 うーん、いくらああいうシーン(やその後)だからと言ってねぇ……。

・赤!赤!赤!
 これまでにも指摘してましたが、リーファが緑で象徴される感じなのに対し、直葉は常に「赤」ですね。
 今回も、ログアウトした時間帯によるものか、「赤」の中での兄妹の対話になりました。
sao22_suguha5.png
 思えば、直葉を追うという感じのEDムービーの中でリーファが出てきたときも、だいぶ赤寄りの色使いになってますよね。
sao15_ed2.png
 まあ、だから何だと言われても困りますけど(笑)。

・音とか歌とか
 いつも絵にばかり注目しているので、ちょっと耳から入ってくるものについても。
 今回の話で、二人がログアウトしての対話の間ずっと、背景に全く音楽がなかったんですよね。素晴らしい楽曲が沢山ある中で、それを一切使わないというところに、逆にこのシーンにかける意気込みみたいなのを感じました。
 このことは私としては、高く評価したいですね。

 ところで話は変り、OP/EDの主題歌について。
 昔のアニメや、最近でもここでレビューしているようなのとは違うジャンルのアニメでは、主題歌がまさにそのためだけのものという感じで、歌詞に固有名詞がばっちり入っているようなのが多かった(多い)わけですが、一時期の乖離から、また作品とのシンクロ率が高い歌が増えてきました。
 今「シンクロ率」という言葉を使ったように、やはりエヴァ辺りはそうでしたよね。というかアレの場合は、みんながとにかく細かいところまで注意を払って隠されている何かを読み解こうとしていたわけで、歌詞にも何かあるんでは、という感じでしたし。
 この『ソードアート・オンライン』でも、フェアリィ・ダンス編のOP曲『INNOCENCE』↓は、
INNOCENCE(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)INNOCENCE(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/11/21)
藍井エイル

商品詳細を見る

冒頭の歌詞が「隠してた感情が悲鳴を上げてる」となっていて、直葉の気持ちを表現しているのようにも受け取れます。というか、最初聴いた瞬間そう思いました。まあ、隠してたというよりも、隠れてたという感じですが。
 同じように、ED曲の『Overfly』↓は、
Overfly(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)Overfly(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
(2012/11/28)
春奈るな

商品詳細を見る

「高く高く この手を伸ばして」で始まり、直葉がALOでリーファとなったときに求めているものを表しているようにも受け取れます。

 まあ、これもなんとなくそう思うと言うだけなんですけど。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

>リーファの身長

これ、僕も思いました。
「あれ?リーファ、前よりちっちゃくなってね?」と。
ま、「アニメではよくあること」と割りきってスルーしましたが(笑)


>赤

PSPで出るSAOのゲームで、リーファの衣装に“赤い”リボンタイが追加されてることに水響さんの指摘で初めて気づいたんですが、これはかなり好いですね。
リーファに直葉の特徴が付加されてるのがわかりやすくて。
このゲーム、今回新しいCMが放映されてましたけど、その中で「お兄ちゃん……?」というリーファのセリフがあったことに反応してしまいました。
耳も尖ってないし、衣装もリボンタイやミニスカートなどがALOでのリーファとは明らかに違いますし……もしやリーファがSAOに“混線”した、という設定?

Re: No title

> 「あれ?リーファ、前よりちっちゃくなってね?」と。
小さいだけならいいんですが(いやあまりよくないですけど)、今回#21から紹介したあの絵では、なんか体全体のバランスがよくないんですよね。体型も違ってしまっているし。

> PSPで出るSAOのゲーム
あれ?このゲームでのリーファの位置付けを最近どっかで聞いた気がするんですが、思い出せません……。
雑誌の記事か、もしや、BDのコメンタリとかかな?

> 「お兄ちゃん……?」というリーファのセリフ
ありましたねー。
前回この話をしたときに、シリカの立場が危ういかも知れないと書いたのは、そのためなんですよねー(笑)。

> 耳も尖ってないし、
なんか、人とシルフの中間くらいみたいな耳ですよね。そういうところも直葉とのハーフなんでしょうか。

> “混線”
ちなみに原作で#22の話に相当する辺りでは、同じ家からアクセスしていたためにグローバルIPが同一で、みたいなことが書いてありました。
……どんだけいい加減なシステムなんだ、という感じですね、須郷さん(笑)。いや、茅場さんかな? それともニシダさん?
せめて、もう使われていない筈の旧型機であるナーヴギアを使っていたから認証が云々、とかならまだしも。

No title

>冒頭の歌詞が「隠してた感情が悲鳴を上げてる」となっていて~
ちょっと前にニコ生でエイルさんとるなさんのインタビュー番組があったんですが、エイルさん曰く『INNOCENCE』は特別、直葉を歌ったわけではなかったそうです。前述した歌詞は彼女個人のみに留まらず、全てに人が抱えている「どうにもならない現実に対して押し込めているもの(意訳)」を歌ったものだとか。
しかしこの歌は、彼女がデビューする直前辺りに作り始めた歌だそうで、当然SAOのために書いたわけではなかったそうです。そう考えると、不思議な巡り合わせと言えますかね。

あとすごくどうでもいいおはなしなんですが。
件のインタビュー番組で、エイルさんは歌う際に「マイクへ寄りながら、片足で立った」状態で歌うそうです。そのほうが歌いやすいとかで。これを俗に「エイル立ち」と呼ぶそうです。(URLに図解アリ)
……いや、そう言ったのはニコ厨たちですがw

Re: No title

> この歌は、彼女がデビューする直前辺りに作り始めた歌だそうで、
とすると逆に偶然ではなく、スタッフが何らかの意図を持って選んだ可能性があるとも言えるのでは。
まあ偶然と思っておいた方が夢がありますけど(笑)。

> これを俗に「エイル立ち」と呼ぶ
そんな言葉が誕生するほど親しまれてるんですかー。

> ……いや、そう言ったのはニコ厨たちですがw
図解のモデルが(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中