FC2ブログ

アニメ: 2012秋アニメ感想(3.1) SAO#15,16よりスナップショット

 秋アニメ感想の番外編です。
 新章「フェアリィ・ダンス」編に突入した『ソードアート・オンライン』より、とある印象的なキャラを選んでそのスナップショットを大量に並べてみました(大丈夫なんかな(笑))。
 現実世界からは、和人(=キリト)の妹(正確には従妹)の桐ヶ谷直葉。そして、アルヴヘイム・オンライン、通称ALOの世界よりリーファ。各一人ずつで、合わせてひと……二人(笑)です。

 まずは直葉から。

 『ソードアート・オンライン』では、主人公キリトの通称「正妻」(笑)のアスナがメインヒロインとして君臨しているわけですが、以前にも使った喩えをここでもう一度使ってみると、彼女は言わば主食のご飯みたいな感じです。
 つまり、やっぱりメインで主食で正妻で欠かせない存在なんですが、それはもう最初からそうなるべくしてそうなった、まるで磁石の異なる極のように自然に伴侶となったような印象があります。
 一方の直葉はと言えば、こちらも欠かせない存在ですが、だいぶ様相が違い、苦難の道を歩むことを宿命づけられていて、その「想い」の描写のドラマ性という意味ではアスナよりも濃密であると言えます。そういう意味で、直葉は(決してヘンな意味でなく(笑))おかずという感じがするのです。
 その「ドラマ」が、ここから始まります。

 第一話冒頭で、既に彼女は登場していました。
sao1_suguha1.png
 この直前に、直葉の台詞がオフスクリーンで入っていたのですが、#15ではそのシーンが別の視点から描かれました。

sao15_shot1.png
「お兄ちゃーん、部活行ってくるねー」

 そして家を出て学校に向うとき、いつものことなのかそれとも何かの予感があったのか、和人の部屋を見上げる直葉。
sao15_shot2.png
sao15_shot3.pngsao15_shot4.png
 しかし、いつも通りの日常のはずが、待っていたのは悲劇でした。
sao15_shot5.png
sao15_shot6.png
 ですが、やがてそれも日常に変ります。所謂SAO事件は、それほど長かったのです。
 和人の隣で、和人のことで談笑できるくらいに。

sao15_shot7.pngsao15_shot8.png
sao15_shot9.png
(お兄ちゃんとあたしが、本当は従兄妹同士だなんて、今でもよくわかんない……)

 実は、直葉が和人との関係を知ったのは、SAO事件が起きてからでした。即ち、まだ和人が生きているうちに、ということだったのです。それは、両親の配慮でした(原作より)。
 忌まわしいSAO事件は、最終的には和人自身の手で一気に転回しました。
sao15_shot10.pngsao15_shot11.png
 直葉は、嬉しかったでしょうし、もしかすると誇らしかったかも知れません。そして、和人が「兄」でないことの意味、和人が語った「最後の瞬間まで一緒だった」人のこと。
 そのアスナ、結城明日奈が未だ目覚めないこと。
 直葉がそういったものを抱え込んでいたある日、いつものように彼女の見舞いに行った後、和人の様子がおかしい。直葉は和人を、「好きになった人のこと、そんな簡単に諦めちゃだめだよ」と励まします。

sao15_shot12.png
(──あたしも、これ以上、自分に嘘はつけない)
(でも、お兄ちゃんの心は……お兄ちゃんの心は、あの人だけのものだから)

 このとき、流れ星が一つ窓に写っています。
 『ソードアート・オンライン プログレッシブ』で、キリトが何度もアスナを「流星」と喩えていたことと関係があるように思えてしまうのは、穿ちすぎでしょうか。

 さて、続いて二人目、ALOの舞台であるアルヴヘイムでキリトが出会った少女、リーファです。

 彼女については、まだあまり語られていませんが、OPムービーでは相当の回数登場し、その重要さを印象づけます。
 本編でのリーファの最初の登場シーンです。
sao16_rifa1.png
 原作によると、「シルフ種族の少女にしては少しばかり骨太の体に、眉も眼もきりっとした作り」で、現実の姿に似ているようですが、私が思うに、ちょっと大きい印象ですね。ALOでキリトと並ぶと面白い感じになりそうです。
 そんな彼女の、キリトとの関係は、OPで暗示というか殆んど明示されている感じです。
 鬼神のごとく敵をなぎ払うキリト。
sao16_shot1.png
 そんな彼を魔法で支援し、付き従うように背後を護るリーファ。
sao16_shot3.pngsao16_shot2.png
sao16_shot4.png
 ALOでの二人の雰囲気はと言えば、心理的にかなり接近している様子です。
sao16_shot5.pngsao16_shot6.png
sao16_shot7.png
 また、戦闘ではサポート役でしたが、ALOという世界の案内役でもあります。彼女はこの世界ではベテランの部類に属しており、例えばこの左手には補助コントローラがありません。
sao16_shot8x.png
 コントローラなしで自由に飛翔する≪随意飛行≫をマスターしているのです。というかそれよりも彼女、
sao16_shot9x.png
sao16_shot10.png
かなり積極的にキリトに接し、導いて振り回している様子。
 そんなリーファが、現実で抱えていた淡く甘い、しかし辛い想いは、キリトとの関係により一旦は光明を見出すことになるのですが……。

 OPムービーは、こんなシーンで結ばれます。
sao16_shot11.pngsao16_shot12.png
sao16_shot13.png
sao16_shot14.png
 道路に突き飛ばしたら危ないだろ、とか思ってしまいましたが(笑)、ムービーの最初の方のシーンの続きで横断歩道の途中でした。
[追記:2012-10-28]
 と思ったのですが、和人の自転車がないですね。モブの配置も違うし。同じ場所ではあっても続きではないというわけですか。
[追記終わり]
 ここで「背中を押す」という動作は、象徴的な意味で「背中を押」しているということなのでしょうか。「ね、がんばろうよ……。好きになった人のこと、そんな簡単に諦めちゃだめだよ……」という言葉のように。

 「フェアリィ・ダンス」編は、囚われの身となったアスナを救い出そうとするキリトと、自らも必死にキリトの元へ還ろうとするアスナの二人が幹となるのですが、そんな彼らをずっとサポートし、キリトの側から導き、陰に陽に支えながら寄り添い続ける直葉とリーファが「葉」のように飾る、そんな構造の物語なのです。

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

現実では直葉ちゃんという可愛い妹がいて、ゲームでも開始早々にリーファのような美少女とお近づきになれるキリトくんのラック値がマジ半端ない。両手に華かコノヤロウ!いろんな意味で両手じゃないけど!

そーいえばキリトくんがALOにログインしたとき、スプリガンの街からではなく中立地帯の森の中からスタートになったのって、最初はあの陰険眼鏡の罠かなんかかと思ったんですけど、ひょっとして「あそこにリーファがいたから」なんですかね?

Re: No title

> ゲームでも開始早々にリーファ
> ひょっとして「あそこにリーファが
作中では殆んどスルーされていましたが、ユイがさらっと流すように言っていた一言が重要なポイントですね(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中