FC2ブログ

せいじ: 西方領土問題での敵を見極めよう

 日本の、まあ大雑把に言って西の方の主要な領土問題、竹島と尖閣諸島。
 これらについては、一つ認識しておかないといけないことがあると私は思います。つまり、敵は誰なのかということ。
 このことについて私の認識を述べてみます。

 竹島問題においては、敵は日本です。
 過去、日本自身がばら蒔いてきた従軍慰安婦だの植民地支配だのの妄言を(韓国はそれに乗ったに過ぎない)、なんとしても否定しなければ、何か言う度にヘンな方向から突っ込まれて主張が挫けてしまいます。
 それらを、女性問題であるとか歴史修正主義的であるとかの難関を乗り越えて挽回できれば、あとはどうとでもなります。逆に言えば、それらをどうにかできなければ、どうにもならない。
 このまま粘られた後に仮にハーグに行ったとしても、これまで領土を取り返す努力をしていなかったわけだから、本当に勝てるのか?という疑問がありますから。

 尖閣諸島に関しては、こちらは中国を相手にしなくてはならず、これは分が悪い。
 先日も書きましたが、この周辺はまだいいでしょう。しかし、主要な先進国をなんとか味方にできなければ危うい。余所の人が普通に考えれば、日本が挑発したわけで、それを議論の下手な日本人が引っくり返さなければいけないのですから。
 だからこれも先日書いたように、色々絡めて、中国の問題点を認識させる必要があります。ちょっと韓国が日本に対してやっていることに似ているような気もしますが。
 あとはとにかく、経済的に、極力距離を取ること。

 経済的に依存しているようでは、国家が経済をコントロールしている中国を相手にするのは難しい。
 幸い、貿易が減ったとして、それで困るのはあちらの筈です。日本としては、確かに中国との貿易の占める割合は大きいのですが、それを以て依存度が高いとは必ずしも言えません。要するに、他の国でもいい、そういう部分が多いわけです。すでに誘致の声も上がっているようです。
 日本は中国に対し、経済的な兵糧攻めができる筈なのです。そして、カントリーリスクを喧伝することで他国からの投資にも影響を与えられるかも知れません。あとは、前に冗談めかした書いたように、中国製品に使われている日本製の部品や工作機械などを公表して打ち壊しのお手伝いをするとか(笑)。
 市場としての中国だって、今はまだそんなに大きいわけではないし。はっきり言って、一部の人以外お金持ってないですからね。
 中国からの観光客が減っているというのもありますが、最近はやってきても主体は以前ほどの金持ちではないようで、それほどカネを落としていかないと聞きますし。またこれは知人から聞いただけの話なのですが、中国人が一杯いるようなところには行きたくないという人がいます。だから、彼らがいなくなればそういう客や、もしかすると他の国の人も逆に増えるかも知れません。

 まあしかし、こちらも足を引っ張るのは日本人かも知れませんね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中