FC2ブログ

アニメ: 2012夏アニメ感想(9) 主にSAO

 夏アニメ感想です。
 今週は、強く印象に残るものがなかった割に、SAOでちょっと重要なことが起きました。

エウレカセブンAO 第十八話「ドント・ルック・ダウン」(episode:18 third engine)
 今週のエレナさん。

eurekaao18_elena1.png
「胸ならちゃんと成長するよ?」

 いつものような、何か知っていることを断片的にぽろっと漏らしたものとはちょっと違い、もしかすると単なる推測かも知れません。
 しかし、この言い切るような口調だと、これまでの色々な発言があるので、つい深読みしてしまいますね。
 というか実際には、それよりももっと重要なことを色々言っていたんですが、そちらは断片というよりも、大きな物事の(まだ断たれていない)一部分のような気がするので、保留です。

 ところで、こうしてエレナさんのことばかり気にしているせいか、EDテーマ曲がエレナさんの声に聞こえてしまって(笑)。

TARI TARI 第9話「白くなったり 赤くなったり」
 なんだか、学校に不穏な何かが近寄ってきている雰囲気。さて、どうなることやら。
 という第9話ですが、いつも素晴らしい絵を見せてくれるこの作品の割に、なんか妙に絵、特に人の体の描き方が不安定な感じがしました。

うぽって!! #009「もやって いかって!!」
 不穏と言えば、こちらはもっとヤバい状況に。臨海学校の先で、何者かによる狙撃が……と思ったらそんなものではなく、テロというかなんというか。
 一体どうなってしまうのか!?

織田信奈の野望 第8回「黄金の自由都市・堺」
 そしてこちらまで。光秀が信奈の不興を買い、孤立しつつあります。
 しかし、これまで主要な人物を死なせなかったこの物語。どうなることやら。

ソードアート・オンライン 第9話「青眼の悪魔」
 74層のボスキャラを期せずして倒してしまったキリト達。その中でのキリトの活躍は、鬼神のごとく、という感じでした。
 キリトの隠していたスキルも明らかになりましたしね。

 それにしても、アスナ嬢の料理にかける情熱は凄い。調味料にしても、
sao9_asuna1.png
SAOの世界に存在する約100種類の調味料を調べて、どれをどう組み合わせるとどんな味になるか探り出すなんて(笑)。
 日本のゲームなのにゲーム中に醤油の味の調味料がないとは困ったものですが、それを再現するものを作ってしまったアスナに、キリトはもう、手懐けられる一歩手前、みたいな?

 ボスを確認した後にそうやって作られた調味料を使ったランチ、だったんですが、そこに現れたのがクライン達のギルド、そして続いて、「軍」を名乗るギルド(名前は長いんで省略)。軍というだけあって、軍っぽいです。
 ところで、最初登場したときアスナにいきなり恋人募集中と自己紹介するクラインですが、後でアスナにこんな風に言う辺り、いいアニキ分という感じです。戦闘能力ではキリトの方が圧倒的に上でしょうけど。

sao9_klein1.png
「口下手で無愛想で、戦闘マニアのバカタレですが、キリトのこと、宜しく頼んます」

sao9_kirito1.pngsao9_klein2.png

 まあ、クラインにはわからないでしょうがアスナにはそんなの釈迦に説法かもですね。
 そして、アスナの応え。

sao9_asuna2.png
「はい。任されました」

 なんかここで、何かが成立してしまったような(笑)。
 しかしこのクラインといいエギルといい、また『織田信奈の野望』『TARI TARI』といい、作品ジャンルの割にオヤジキャラ(まあクラインはまだ若いですが)が結構いい感じで登場するのが多いですね、最近。

 そして、例の「軍」がいきなりぶっつけで挑んでしまったボス戦。かなりヤバいことになりそうな状況を見かねてつい飛込んでしまうアスナ、そしてキリト。
 ついにキリトは、単独で行動しているときにしか使わなかったスキルを衆目に晒すことに。そして、独力でと言ってもいいくらいの働きで、ついにボスを倒すのでした。

sao9_sachi1.png
「キリト君! キリト君ってば!!」
sao9_asuna3.png

 意識を失ったキリトに呼び掛ける声。そこにキリトが見た姿は、これは……サチ、ですよね。多分。
 あのスキルを使おうかというときの逡巡の中、キリトはサチのことを思い出していましたし。彼女のことがキリトの中から消えることはないんでしょうね、やはり。
 しかし、やっぱりクラインはね(笑)。

sao9_kirito5.pngsao9_klein3.png
「まあ、苦労も修行のうちと思って頑張りたまえ、若者よ」
sao9_kirito6.png
「勝手なことを」

 そんなスキルを持っていると知られたら嫉妬されるだろう、という話なんですが、ここで言う「苦労」(嫉妬されること)は勿論、別の意味ですよねぇ。多分キリトはわかってませんが(笑)。
 ちなみに原作では、ここでクラインがアスナを見ていたことにキリトは気づいていますが、さて、意味までわかっていたかどうか?

 また、さらには去り際に、こんなことを言うクライン。

「おめぇがよ、軍の連中を助けに飛び込んでいった時な……」
「……なんだよ?」
「オレぁ……なんつうか、嬉しかったよ。そんだけだ。またな」

 SAOに閉じ込められて、キリトが最初に親しくなった人物クラインですが、キリトは運がいいと言えるかも知れませんね。

 そしてついに、あのヒースクリフが登場です!

 なんか今回、妙にクラインにばかり注目してしまったような……?

tag : アニメ

コメント

非公開コメント

No title

>作品ジャンルの割にオヤジキャラが結構いい感じで登場するのが多い
私もそんなことを最近感じてるんですが、今期がたまたまそういう作品が多いのか、はたまた私がそういうものを感じ取れるようになったのか、どっちでしょうかね。
まぁでもオッサンより私は、女の娘のほうに興味があるんですが……と言ってみる(´・)ω(・`)

Re: No title

> 今期がたまたまそういう作品が多いのか、はたまた
もうそろそろ、例えば『けいおん!』のような作品へ振れた分の揺り戻しが来ているのかも知れない、とか思ったりもしましたが、どうなんでしょう。

> 女の娘のほうに興味が
私もそうですが、そこはそれ、あれですね。
パンがなければお菓子も飽きてしまう、というやつですよ。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中