FC2ブログ

独り言: ホンダの燃料電池車

 電力の問題が注目を浴びている中、私の経歴上、ずっと考えていたことがあります。

 原発の何がよろしいかというと、やはり何と言っても安定的に電気を供給できることでしょう。しかし、技術的にどうあろうと、もう今後の日本では難しい。
 かと言って、太陽光だの風力だのは、その安定性が丸っきり信用できません。日本なんて狭いから一斉に曇ったりするし、台風なんかくるし、そもそも西にあるのが大洋じゃなく大陸だし。
 電気を貯められればいいんですけど、所謂二次電池とかは、容量が一杯になったらもうだめ。もっと貯めようと思ったら、そのための「器」(装置)をそれだけ増やさなければいけない。

 それでやはり思ったのは、じゃあ、何かの電気で水を電気分解して水素を作り、貯めておけないかな、と。
 変換効率が悪いとしても、水素は装置とは別に貯蔵できるし、水素は安定した物質なので(燃えやすいけど)、二次電池が放電してしまうことを考えるとそんなに悪い勝負でもないのでは?
 つまり、電解-水素貯蔵-燃料電池の組合わせで蓄電するわけです。装置の中に溜め込むわけでないので、「貯める」という意味では効率がいい筈。

 しかし、水素の貯蔵には色々難しさがあるし、総合的に考えて実現可能性はどんなもんか、判断がつきかねていました。色んな要素が絡んでくるので、それぞれのちょっとした曖昧さが重なると、全体では殆んどわけがわからなくなります。
 先日、昔の知り合いの原子力や電気化学の関係者に会う機会があったのですが、残念ながらそういう話まではできませんでした。

 前置きが長くなりましたが、こんな記事がありました。
電気自動車:家庭に電力を6日間供給できるホンダの車、太陽電池で水素を生成 - @IT MONOist

ホンダは太陽電池で電力を得、「水」を電気分解して水素を作るという手法を追求している。目的は、製造時から貯蔵、供給まで全てのプロセスで二酸化炭素(CO2)を排出しないことだ。太陽電池で効率良く水素を作り出すことが水素燃料電池車の普及につながるということだ。

 ホンダの水素製造手法は「差圧式高圧水電解システム」と呼ばれている。通常の電気分解では生成した常圧の水素をコンプレッサーで圧縮して水素タンクに蓄える。ホンダの手法はそもそも高圧下で水を電気分解するため、コンプレッサーが不要になる(図2)。


 目指しているところも規模も違いますが、要素技術としては実験に入っているわけですね。
 こういうのでは、「規模」の違いというのがとても大きな問題であったりするのですが、はたして?

 ちなみに、これを海の上でやると、水は無尽蔵にあるし場所もあるしどんなもんかなーとか思ったこともありますが、海水を電気分解すると塩素出ますしねー。
 まあ、飲み水になるくらいでなくても淡水化してあげればいいし、そのためのフィルタなら供給できそうですし。

 とりあえず、今回の記事で、丸っきりあり得ない話でもないことはわかりました。
 さて、どんなもんでしょうね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SANYO NEW eneloop 充電式ニッケル水素電池(単4形8個パック) [HR-4UTGA-8BP] |

SANYO NEW eneloop 充電式ニッケル水素電池(単4形8個パック) ...

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中