FC2ブログ

独り言: 日本の理系(?)教育の荒廃

 こんなのが話題になっているようです。
6×8は正解でも8×6はバッテン?あるいは算数のガラパゴス性
注) コメントは大量にあるので読んでません。

 ちょっと引用。

8人にペンをあげます。1人に6本ずつあげるには、ぜんぶで何本いるでしょうか。

ご覧のように、「8×6」だとバッテンで、「6×8」だと正解らしい。何じゃこりゃ。

 どう考えてみてもおかしいです。
 じゃあ、ペンが配られた後の状態を想像してみましょう。
  • 6本持っている人が8人いる
  • 8人がそれぞれ6本持っている
 ほーら一緒。

 この教え方の根拠の一つとされる思想として、もちょっと後の部分より引用してみます。

赤ペン先生で有名なベネッセが「かけ算の順番が逆だったらバツにすべきだよ派」らしいので紹介したい。

かけ算の式は「一つ分の数」×「いくつ分」の順に書く約束になっているので、問題文から正しく読み取って、その通りに式をかけるようにしましょう。小学校では、式の意味を理解することが大切なので、このような約束があります。

どうやら、
「6×8」と書くと「6本×8人」を意味するのだが、
「8×6」と書くと「8本×6人」を意味することになってしまうのでNG
ということらしい。

 この人も言っているように、「そもそもこんな約束あったっけ?」です。
 まあ、じゃあそれが正しいとして、それを憶えた生徒が後に掛け算の交換法則を学ぶときが来たとしましょう。……どう理解することになるんでしょうかね?
 更に、変数が5個も10個も出てくる数式が出てきたら?

 以前学んだことが、新しく学んだことで発展的に吸収されていくのならいいんですけど、やっぱアレ(掛け算の順番の約束)は忘れてネw、とか言われたら、私だったらやる気なくしますよ。
 こういう、後のことを考えない教育って、そもそも教える側が理解していないということなんでは?
 以前にも「ゆとり教育」について書いたときに喩えを出しましたが、ところどころを省いて教科書を薄くするのって、「一段20cmの階段は普通にのぼれますが、一段1mになったら無理」というのと同じで逆効果。
 そういう、全体を考えない視野狭窄が、今回の話にも感じられるんですけど。

 「何に何を掛ける」という概念を学ばせたいのなら、そんなルールの存在しない数式に無理矢理ルールを作って教え、あとで「あれはウソw」とか言うのではなく、別途教えればいいんです。上記の「後の状態を想像してみる」みたいに。

 余談ですが、私は九九を半分くらい(正確に半数ではない)しか憶えませんでした。勿論、2×3は憶えても3×2は憶えない、というやり方です。これ↓ですね。
○○
○○
○○

○○○
○○○
は同じ、という。
 私の暗記嫌いは、ガキの頃からだったんですね(笑)。

 まあそれはどうでもいいとして、今回のみたいなその場しのぎで後のことを考えない手抜き教育が行われているというのは、ある意味、国の崩壊を予感させるくらい恐ろしいことです。
 私は以前にも書いたように、最近、日本という国の終焉に立ち会っているように感じているわけですが、これもその一つ、という印象です。
 ……。
 どう見てもこれは、被害妄想ですね(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中