FC2ブログ

マンガ: 『それは突然、運命の相手が』 1~2巻

 先日本屋に行ったら、なんか角川主催らしいフェアをやっているようで、各社の漫画が並べてありました。
 参加しているのは、アスキー・メディアワークス、エンターブレイン、角川書店、富士見書房の四社。まあ、角川系列、という感じ。
 で、『コミッ倶楽部長の傑作選 vol.1』というのが見本として置いてあったので読んでみたら、これ↓が面白そうだったので買ってきました。
それは突然、運命の相手が 1 (電撃コミックス)それは突然、運命の相手が 1 (電撃コミックス)
(2011/04/04)
ヒロモト ヒロキ

商品詳細を見る

 ちなみに、先日レビューしたこれ↓も対象作品になっていました。
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 1 (ドラゴンコミックスエイジ)最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 1 (ドラゴンコミックスエイジ)
(2011/08/06)
松沢 まり

商品詳細を見る

 さて、今回取り上げた『それは突然、運命の相手が』ですが、中々に面白い構成を取っています。
 まず、基本的にはオムニバス型式っぽい感じです。共通の世界観(基本設定)があって、そこでできあがるカップル達を描くエピソードが連なる、という形。
 しかしそれだけではなく、例えば第一巻なら、最初のエピソード「優一×真奈美」に二番目のエピソード「潤×麻衣」が続くんですが、「潤×麻衣」は途中で第二巻に続き、一巻の最後には「優一×真奈美」の後日談がエピローグとしてちょこっと入ります。
 第二巻もそんな感じです。

 ではその共通の基本設定はどういうのかというと。
 そこには、カップリングセンターなる組織が存在します。
 それは、政府が構築した“遺伝子総括システム”により、遺伝的に最高の子供を誕生させるカップルをコンピュータが選択し、該当者に提案するのです。
 こう書くと、冷酷な管理社会みたいなイメージがありますが、実は、そういったカップルは、実際に付き合ってみると相性も最高であることがわかっているのです。そして、センターは「提案」するのみで、当事者には拒否権があります。

 というわけで、ではどんなカップルが登場するのかというと。
 上記の傑作選にあった第一話「優一×真奈美」は、なんと兄妹!なのです。
 優一の妹は、非常にハイスペックで、優一の小さい頃からの夢は、「真奈美よりキレイなひととケッコンしてシアワセになること」だったりします。あまりに優秀な妹で、兄の立場がない(笑)から。
 ま、ちょっと気が強い子ですけど。
 で、その優秀さを示すかのように、センターからのカップリング通知も最低年齢の14歳でいきなりゲット。
 しかし、優一にもやっとのことで通知が来たので出向いてみたら、そこにはなんと真奈美がいたという(笑)。
 このカップル、相性レベルが「SSS[トリプルエス]」で、「SSS」からは高確率でノーベル賞クラスの天才が誕生するらしいです。

 二組目は、女子高生作家の麻衣と、その弟の友人の潤。
 デビュー第二作の執筆にあたり麻衣は、潤をモデルに(表面上は)エロいところのある作品を書いてしまい、学校から処分を受けそうになって……!?

 三組目。
 「超」が付くくらいのゲーマーなせいで中々周囲(女子校)の理解が得られないところに、やはりゲーム好きの修之がカップリングされ、感動するみゆき。
 一緒にゲームを楽しむんですが、ちょっとしたことからゲームで勝負することになり、みゆきは賭けを提案します。
「負けた方は一枚ずつ服を脱ぐ」
という!
 なんですけど、「修之×みゆき」編は次巻につづく、だそうです。

 最初の「優一×真奈美」は、さすが導入らしくインパクトもあって面白い話なんですけど、短いので勿体ないです……。残念。
 でも、他のもなんだかいい感じで、続きも是非読みたいですね。

tag : 電撃コミックス ヒロモトヒロキ

コメント

非公開コメント

……ふむ。

まったくなかなかどうして水響さんは僕の琴線にビンビン触れる作品を紹介してくれますねッ!(笑)

兄妹で“相性最高”だなんてもう、もう……!

くぅ、すんごく読みたい!欲しい!明日本屋行こうかなぁ!

Re: ……ふむ。

> 兄妹で“相性最高”だなんて
ただ、本文にも書きましたが、この兄妹の話は随分短いんですよね。残念。

実は、「傑作選」を読んでこの話がずっと続くのかと思って買ったのですが、あれ?ということに(笑)。
後続の話もそれなりに良かったので、まあいいですけど。

というわけで。

買ってきました(笑)

昨日の夜に水響さんのレビューを読んで今日購入&読了ですから、我ながら無駄な行動力を発揮したものです。

で、感想ですが。
これはなかなかの良作ですね!作品に流れる雰囲気がかなり好みです。
特に最初のカップルである優一×真奈美のエピローグなんてもう……もう、ね?
なんていうか、下手な18禁作品よりもドキドキしますわコレ(笑)

Re: というわけで。

> 買ってきました(笑)
ふっふっふ。
計画通り(笑)
……あれ?何か既視感が。

> 作品に流れる雰囲気
そうですよね。あの設定でどうしてこんなにゆるい話になるんだか。良作と言えましょう。

> 優一×真奈美のエピローグ
ところで、彼ら七年も何してたんでしょう(笑)?
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中