FC2ブログ

独り言: 「萌え保険.com」の紹介

 例によって夜になるとITmediaをチェックしているわけですが、その中でも私の趣味にマッチした(笑)記事の多い「ねとらぼ」のコーナーを昨夜見に行ったら、こんな記事がありました。
保険も萌えながら学ぶ時代 「萌え保険.com」開設
↓オフィシャルサイト


 上記のITmediaの記事によると、「萌えで既存ターゲットの外から注目を集めたい。マンガと保険Q&Aで分かりにくい保険を分かりやすく解説したい。」ということらしいです。
 オフィシャルサイトの、まあトップにあったらちょっとアレですがわかりやすいところに、こういう感じのサイト紹介(一言で!)みたいなのが書いてあるといいんですけど。

 コンテンツの一部、「ぱそ・こん太の部屋」によると、こういうことらしいですね。

保険代理店にとって、よい専門家(ファイナンシャルプランナー)を見抜く目を持った「賢い消費者」が増えることは、ビジネスの機会がもっと増えることに繋がるからです。

そして、何よりも一番大切なことは、「それが一般の消費者のためになるか?」ということだと思います。
そのためには、消費者がどんな情報を必要としているか、そして私たちはそれを提供できる能力を持つのか、そういった問いかけに答える必要があると思いました。


 これを読んで、自分で書いたネタ話を思い出しました。一言で言うと、例のアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』では、人気キャラキュゥべえが、儲けばかりを考えて自分達でも原理のよくわからない「魔法少女」なんてものに手を出して、結局儲けをスってしまう(笑)というお話があります。
 下手な営業をすると、結局長期的に考えて、顧客が不満を抱いたりして市場自体の不利益になったりする。よくありますよね。
 「ぱそ・こん太の部屋」からもう少し引用してみます。

原作者の高見和也さんには「業界色、営業色のない、普通の人の感覚で原作を書いて欲しい」とお願いしています。特に「売らんかな」という商売っ気は絶対にだしてくれるなとも言いました。

 こういう姿勢が重要なんではないかと思います。今の日本では特に。

 日経BPのサイトにこんなコラムがあったりします。
日本人は「万一」に備えすぎ!
 で、最後にこんなことが書いてあります。

「万一」に備えても、「毎日」の生活が破たんするようでは本末転倒だ。

 やはり、そういう意味でも、保険に関する「正しい」知識は必要、というか、「萌え保険.com」によると「地震保険は今、加入率がすごく伸びている」そうですから、まさにそういった情報の提供は急務かも知れません。生命保険だけでも破綻しそうなのに加えて地震保険とか考えだしたら、みたいな。

 更に続けてみると、この間こんなエントリを書きました。
ヲタにもわかるTPP(笑)
 TPPに関する話なのに、農業については全然触れませんでした(笑)。いや実際、あの地域にアメリカとオーストラリアがいるのに、日本の農業なんて何が関係あるの?みたいな。それに、家電をアメリカに売るにももう関税はかなり低くてこれ以上下げてもあまり意味ないし、車なんかは現地生産が進んでるし。
 アメリカの参加で、TPPに「金融」「投資」の二分野が入ることになったことを考えても、それが新生TPPの本質です。これに、内国民待遇条項とか市場アクセス条項とかコミにして日本がTPPに参加したら、日米関係はまさに魔法少女とキュゥべえの関係になりますよね。私の喩え話で言えば、まどかまであっちについてますから(笑)。
 そうなると、保険も当然のことながら重要な項目になるでしょう。
 自衛のためにも、色々知っておかないと。

 おまけ。
 「萌え保険」なら、保険を萌えで紹介するだけでなく、萌えに対する保険とかも欲しいものです。
 面白そうなので見始めたアニメが途中からつまんなくなったときに、替りのストーリーを提供するとか。
 ……絶対に無理ですね(笑)。

コメント

非公開コメント

ありがとうございます

ブログに取り上げていただきありがとうございます。
まだ立ち上げたばかりで情報量は少ないですが、少しずつ増やしていきますので今後ともよろしくお願いします。
バナーですが、下記のページにおきましたので、どうぞお使いください。
http://moehoken.com/moe/LinkPolicy

またなにかお気づきの点があれば、ぜひご指摘ください。

Re: ありがとうございます

「萌え保険.com」サイト管理人さんですね。わざわざお越しいただきありがとうございます。
こういう風にコメントいただけるのも、今だからですね。

バナー、本文で使わせていただきました。
サイトをざっと見たときにリンクポリシーのページを見た記憶はあるのですが、そのときには意識していなかったので。
ご指摘ありがとうございます。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中