FC2ブログ

ラノベ: 『STEINS;GATE 円環連鎖のウロボロス』 読了報告

 先日読んでいると言ったこれ↓ですが、読み終りました。
STEINS;GATE─シュタインズゲート─  円環連鎖のウロボロス(1) (富士見ドラゴン・ブック)STEINS;GATE─シュタインズゲート─ 円環連鎖のウロボロス(1) (富士見ドラゴン・ブック)
(2010/08/20)
海羽 超史郎

商品詳細を見る
STEINS;GATE‐シュタインズゲート‐  円環連鎖のウロボロス(2) (富士見ドラゴン・ブック)STEINS;GATE‐シュタインズゲート‐ 円環連鎖のウロボロス(2) (富士見ドラゴン・ブック)
(2011/03/19)
海羽 超史郎

商品詳細を見る

 さて、やっぱり感想を書いてみようと思うのですが、「考察」みたいなのはやめます。色んな理由で(笑)。
 考えたこと、というよりも、感じたことを書くことにします。

 まず、中間報告の後の展開で思ったのですが、なんかこう、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』になんとなく似てるな、と思いました。
 それは、時間ループものだからとか、彼女の死が、とかいう意味ではありません。構成とか、演出とか、そういったところが。
 この間、とあるインタビューで、虚淵がこんなことを言っていました。

4Gamer:
 いや,虚淵さんのことはみんな知っていると思いますよ(笑)。

虚淵氏:
 なんか,「STEINS;GATE」を作った人なんじゃないか,とか「デモンベイン」を作った人? とか……かなり勘違いされちゃっています。


 ……告解します。実は私は、『デモンベイン』をプレイしてません(笑)!

 まあそれはおいといて、二巻の前半の怒涛のバッドエンド続きとか、その後の畳み掛けるようなループとか、色々が似ている感じです。まどかが本作から影響を受けたのか、ニトロというのは虚淵色が強いということなのか。まあ、クライマックスの高揚感とかスピード感とか、ラストがずっと素直なハッピーエンドであることとか、そういうのはやや違いますけど。
 あまり関係ありませんが、二巻のラストに、「こんなの絶対おかしい」という台詞があって、まどか第6話サブタイトル「こんなの絶対おかしいよ」を思い出しました。偶然でしょうけど(笑)。あとは、「未来にはさ、希望が満ちてるって信じられるような世界が、待ってるよ……」とか。まどか最終話のまどかの台詞みたいです。

 それにしても、凶真がかっこいい。あのビビリなところとか、人間の小ささとか、そういうところが凄くかっこいい(笑)。
 『“特に意味はない”──そういうものだろう?』とか、しびれますよね!
 「俺は、岡部倫太郎(偽)」「後は任せたぞ、未来の俺──いや」「どこかの世界線の岡部倫太郎(真)よ」とか。

 それと、作品自体にもオカリンっぽいところがありますね。
 終盤でクリスティーナが、妄想みたいなことを言うんです。あくまで論理的な彼女のこと、自分で「妄想」と言いつつもそれは理屈の通った、あり得なくもない仮説なんですよね。でも、やっぱり儚い希望に過ぎない。本人も、そんなことあるのか、という感じです。
 で、それが伏線になって、クライマックスでその殆んどあり得ないと思っていたことが起きる!……なんてことはなくて、それは話の解決には全然関係なく終ってしまいます。
 でも。
 epilogueで、それが突然、クリスティーナの台詞にひょろっと出てくるんです。
 こういうさり気なさ、さらっと流すように、意表を突くように、虚を突くように、なんかいい話が描かれると、大仰に演出するのとはまた違った感動があります。

 といった風に、二巻の前半とは違い、後半は普通に先が気になる感じでどんどん読ませてくれました。
 面白かった。
 面白かったけど、アニメのネタバレになっちゃったかなぁ(笑)。
 まあ、アニメのタイトルロゴにダイバージェンスが隠されていて、原作と微妙に違う、という指摘をしていた人がいたので、期待することにしましょう。

 ところで、これ読みながら、なんとなく「物語とは」みたいなことを考えてました。
 別に、深く考察したというわけでもないんですけど、それについて二点、書いてみます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中