FC2ブログ

せいじ: 日本の政治家が無能な理由……かも?

 本ブログでよく取り上げている日経ビジネスオンラインのコラムで、こんなのがありました。

上司に理解されない! 40代の切なすぎる“最後の決断”
 サブタイトルは、「「出世したがる社員」だけを認める会社のアンフェア」です。

 まあ、よくある話で、上層部が「会社を背負っていこうっていう気概を持った社員というのがいない」とボヤいているという声から始まり、「管理職になりたがらなくても、仕事が好きで、会社が好きで、働いている人はたくさんいる」という結び方をしています。
 でも、まだ一歩踏み込みが甘いですね。多分それは言い回しの問題で、伝えきれていないだけなんだと思います。
 コメントがかなり集まっていて、その声も、やはり重要なポイントがわかってないのが多い。
 まあ、あまりに沢山あるので、上の方のをちょろっと眺めただけですが。

 「責任」とか「優秀」とか「出世」とか、そういう言葉に対する日本社会的な呪縛に囚われている意見のなんと多いことか。
 筆者のまとめ方に、ちょっと付け加えるような形で、ここに私の見解を書いてみましょう。

 そもそも、「出世」している者が優秀であるとは限らないとか、そういう注意書が出てくること自体、なんか勘違いしています。別に、優秀な者が「出世」するわけじゃない。
 同様に、「出世」、つまり管理職になったから優秀というわけでもない。
 人の能力はそれぞれで、どれが重要かというのは状況によるわけです。で、同種の能力の持ち主の間に優劣はあるかも知れない。
 しかし、現場と管理職を優劣で語るのは、日本人の悪い癖です。

 管理職は、「優秀な者」の仕事、というわけではない。単に、マネジメントに向いている者がそれに向いているというだけの話。
 では何で給料が高いかというと、アレは要するに、危険手当です。組織の行き先を決めて導くんだから、失敗したら責任を取ることになる。そのための手当です。
 だから、別に「優秀」だから高給取りというわけじゃない

 どうしてもみんな、人を一次元の軸に並べたがる。給料の額で優劣を決めるとか。

 そんなに管理職になりたい者が大事なら、管理職以外全部クビにしてしまえばいい。人件費は大幅にカットできます。

 このところずっと毎日のように、ニュースでは野性動物の喧嘩ばかり特集していますが、要するにそういうことです。
 人間を見るときの価値観が「一次元」だから、簡単なただ一つの物差しで人の優劣を考える。彼等は、「管理職」であることが「優秀」であることの証しだと思っている。
 そんな考え方だから、上に立つことだけしか意識にない。逆に言えば、上に立てない人間は価値がないと思っている。
 だから、それだけが目的になってしまうわけです。
 というか、日本的な考え方の中でリーダーを目指そうなんてのは、リーダーとは何かとか考えてなくて、上記のように「優秀」な人間の証しとしか思ってない。だから、適性とか関係なしに政治家とかになろうとする。

 結局、このコラムのコメントの声が解答を指し示しています。
 彼等のような考え方の蔓延が、日本の政治家の無能さ加減の根元でしょう。

 人間の価値を一次元で考えるなんていう思考停止が日本を覆っているのが、この事態の原因でしょうね。これは勿論比喩で、元々そう簡単に並べられるものではないのですが、せめて二次元で、能力の「方向性」というものを考えなければ。

 だから、以前に言ったじゃないですか。
 二次元こそが必要、だと(笑)!

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中