FC2ブログ

ラノベ: 『なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理』

 前巻のレビューでも言いましたが、ほんとこの小説、看板に偽りあり、ですよね。
 主人公の工兵、SEどころか、一体何になるんだ? 何でもできる万能人間になりそうな勢いなんですけど(笑)。

 今度は、PM、プロジェクトマネージャです。

 私はマネージメントってやったことないんですよね。だから、実態はよくわかりません。
 でも、今回のも大変参考になりそうな(笑)内容です。

 まず、いつものように社長のムチャのせいでPMをやるはめになった工兵。いつものようにネットとか書籍でPMとは何かを調べます。
 それにしても、工兵君。

 やば……、面白いかも、これ。
 知らぬうち鼓動が高鳴り始めている。うなじに鳥肌が立ち血流がざわめく。
 この会社に入って以来、大分自分の性癖が分かってきた。とにかく何かの仕組みを知るのが好きなのだ。

 ……おおーい(笑)。
 立華にさえ「仕事中毒」「正直引くわ」と言われる始末。

 で、これもまた、そんな教科書通りのにわか仕込みじゃ通用しなくて、橋本さんにアドバイスをもらうことになります。
 そこで、『テーラリング』というのが出てきます。『仕立て直し』の意味ですが、要するに、本に書いてあるような手法をどんなプロジェクトにも当て嵌めるのはおかしくて、実情に合わせてカスタマイズすべきだ、ということです。
 「過剰な管理やレポート、ドキュメントは複数のPM標準でもゴールドプレーティングといって厳に戒められています」とのこと。
 アレですね。今の大学の先生とか、役所に提出する書類が多すぎて研究する時間がないとか聞きますが、正にそのゴールドプレーティングなのでは。かと言って秘書を雇うほどの予算はありませんし。

 で、それで臨むわけですが、更に続きがあります。奥が深い。
 つい感情的になってしまった工兵がまた失敗してしまうんですが、ここで本書の示すPMの神髄とも言えるものが登場。
 立華がくれた、『勉強会資料』です。
 立華が、とある秘密の場所に保管していた『勉強会資料』。そこには様々なテーマのものが並んでいて、「プロジェクト管理」というのもあるわけです。

「いいから受け取りなさい。どうせ私が読んでもピンとこないんだし、あんたみたいな人間の方がうまく扱えるはずよ。多分、今の状況を打開する手助けになってくれると思う」
「手助け……」
「ちゃんと読んで役立てなさいよ。私にとっては宝物みたいなものなんだから。無駄にしたら絶対許さないわよ」

 工兵の感想。

 凄い。
 自分のような素人でも分かる。ここに書かれている内容はとんでもないものだ。プロジェクト管理のベテラン達が惜しげもなくノウハウをさらした代物。ネットや書籍では絶対公開できない現実のトラブルシューティング事例。

 この分科会では、プロジェクトメンバーを三つに分類しています。<サーバ(奉仕者)>、<ツール(道具)>、<クライアント(顧客)>です。

 なるほど。
 前述のように、私もマネジメントは素人ですが、これはなんか、凄く説得力がある感じがします。リアルです。
 ……凄い。

 いやマジで、このシリーズ参考になるなぁ(笑)。

 実際にはどうか知りませんが、この分類はほんとに活用できるんじゃないかと思える辺り、この本、真に迫る何かを感じさせます。

 ところで、こんな展開になるにはそれなりに経緯というものがあって。

 このシリーズ、読んでて先が読めるところがいいんですよね。
 ……ごめんなさい。わざと誤解を招く言い方をしました(笑)。
 社長のムチャでとんでもないことをするハメになり、工兵達が勉強して、失敗して、もっと現実に即した智慧が出てきて、その間に立華(もしくは他のキャラ)との展開があり、最後に工兵がどんでん返し的に事態を収拾する。
 そういうお約束っぽい展開ですが、いつも目新しい。
 それはまるで、通信のようです。
 きっちりプロトコルが定まっているけど、流れるデータは斬新。
 安心して新しい展開を楽しめる。
 うーん。

 それにしても工兵君、立華にこんなことを言わせるとか。

「あんた……たまにとんでもないわよね。規格外もいいところだわ」

 それに彼は、こんなことを言いました。

「……無能と罵られるのは構いません。無力さを指摘されるのも仕方ないです。実際今の僕は何も結果を出せていませんから」
「でも」
「無策と思われるのだけは御免です。どんなに無様でも不格好でも最後まであがいてゴールに近づきたいです。それが僕の……僕なりの意地です」


 萌え系っぽいキャラ配置らしからぬ知見、気迫、リアリティ、でもちゃんとヒロイン達のフラグは立てる(笑)辺りラノベ。
 いやー、なんか面白いなぁ、このシリーズ。

 今回も、工兵がちゃんと〆て、立華のプライベート空間にも迫り、なおかつ新登場の薬院さんに微妙な雰囲気が……(笑)。

なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)
(2011/05/10)
夏海 公司

商品詳細を見る

tag : 電撃文庫 夏海公司

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏海公司 「なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理」

JUGEMテーマ:ライトノベル    ◆なれる!SE シリーズ    またもや社長の無茶振りに門弄される桜坂工兵。今度は    プロジェクトマネージャーに就任です。室見立華は、工兵の    部下と?...

コメント

非公開コメント

No title

どっかの首相のこれでも読んで計画しなおせといいたいですな

Re: No title

私としてはそれ以前に、自分の立場が一体何で、何をすべきで何をしてはいけないか、それをちゃんと把握して欲しいです……。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中