FC2ブログ

艶漫画: 『じいちゅー!』シリーズ - 原理主義的作品

 シリーズ三作目、『じいちゅー!さん~自慰中毒少女~』のあとがきから一部引用してみましょう。

☆エロのカテゴリの中でも、オナニーが一番エロい そう思いませんか?
(略)
恥じらいながらも、エッチなことに興味しんしんで
そんなはしたないことしちゃいけないのに
自分の体を弄ってしまう。
そして快感のとりこになってしまう。
そんな女の子の痴態、心理描写こそが
エロスだと思うんです。
だからエロに男は不要!
こう主張するのデス(・×・)

 ……いや、言い切ってますね(笑)。いっそ清々しい。一作目でも似たようなことを主張していました。
 私はそこまで原理主義じゃないですけど、そういうタイプの作品を非常に好むので、賛同しておきます(笑)。

 実際、作品の方向性としては非常にいい感じだし、絵もとても可愛いし。
 ただ、一作目を読んだときの感想というか印象として、短いなーというのが残りました。しかし、二作目三作目と、同じ値段でちょっとずつページも増えているので、その点はいいでしょう。
 まあ、考えてみるとそもそも安いですし。

 それと、上に引用した最後の一言の作品への表れなのでしょうか、一作目では主人公の愛美は、クラスメートの亜紀の写真を部屋に飾ってますし、二作目ではなんと、授業中の更衣室で亜紀のブルマをちゅうちゅうしながらしちゃうし。
 で、三作目では、その亜紀がどうやら愛美の性癖に気付いた様子で、最後に、のぼり棒についた愛美のエッチな汁を「ちゅぱっ」とか舐めてるし。
 いやー、一体この先どうなることやら(笑)。

 今後の展開が楽しみな作品です。

じいちゅー!~自慰中毒少女~

ブランド:
肉欲棒太郎(Official)

じいちゅー!に~自慰中毒少女~

ブランド:
肉欲棒太郎(Official)

じいちゅー!さん~自慰中毒少女~

ブランド:
肉欲棒太郎(Official)

tag : 同人 肉欲棒太郎

コメント

非公開コメント

No title

これうまいシチュエーションですよねえ、どんどん自慰にはまっていく感じで

Re: No title

なんというかこう、拘りのある人の作品というのは、どこかひと味違いますよね。ファンを選ぶかも知れませんが。
あと、女の子がみんな可愛い……。

No title

早速ポチってしまいました(笑)、中高生のカップルがサルのようにセックスしまくるのと同じで子供って気持ちいいと取り留めなくやっちゃいますからね、この辺の心理がうまく表現されてますよね

Re: No title

さりとて堕落してしまっていないところがいいですよね。
それに可愛いし(しつこい)。

No title

3作目のラスト、のぼり棒にこびりついてた愛液とおしっこを舐めた亜紀ちゃんとの百合露出の展開に期待したいですね

Re: No title

あの子も中々に妖しいですよね。
「さん」の5ページ目とか、どうもなんか気付いてて思うところありそうですし。
やはりこれは、相思……(笑)?

No title

>「さん」の5ページ目とか、どうもなんか気付いてて思うところありそうですし。
登り棒の後で顔が赤らんだし気絶したりしてるし多分自分も同じような経験してるからすぐ判っちゃうんでしょうね
彼女の様子と登り棒が汁まみれになってるのを見て自分と同類なのを確信した感じでしょう、次号に大期待ですね
しかしイク度に失禁じゃオナニーやる場所も困りますよねえ(笑)、ロッカーで全裸オナしておしっこまみれになった後どう後始末したんだろうとか、おしっこの臭いって拭き取っても結構臭い残りますからね

Re: No title

> 自分と同類なのを確信
愛美を選手に選んだのも、何か思うところがあったようですしね。それで確認するつもりだったのでしょうか。

> 後始末
床とかは、水を吸わないものならまあいいと思うんですけど、ブルマは洗って返したと言ってましたよね。
ちゃんと乾いたんでしょうか? いやむしろ、綺麗になっていて逆に変に思われたりしなかったのかな?

No title

設定によるとあそこに集まった面子ってそれぞれなんか性癖があるようですね

Re: No title

「さん」のあとがきや、作者さんのブログの昨年12月の辺りに書いてありますね。
こういうのを類友っていうんでしょうか。先の展開が楽しみです。
……おや、作者さんのブログと言えば、見たような名前のコメントが……(笑)。

No title

>……おや、作者さんのブログと言えば、見たような名前のコメントが……(笑)。
必ず作者さんのサイトに行って感想を述べたりソフトの不具合を率先だって報告したりします
あんまりそういうのを報告してくれる人が少ないとかですごい感謝されますね

Re: No title

> 感謝されます
ああ、なんかわかるようになってきた気がします(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中