FC2ブログ

独り言: 情報発信とかについて思うこと

 以前から、日本では形のないものが軽視されるみたいなことを主張してきましたが、今回の震災ではそれが遺憾なく発揮された感があります。
 どうにも混乱を招いているのは中枢にいる人達。それは、指揮系統の中枢(為政者)であったり、情報の流れの中枢(報道機関)であったり。
 というか実際は、中枢であると思い込んでいるだけという気もしますが。

 Dataがばらばらあってもそれだけではわからなくて、まとめたり整理したりしてInformationにする必要があるわけですが、今のような状況では、それらInformationが溢れすぎていてDataみたいになってしまっていて、それらDataをInformationにしなければいけないのにそれをやる人がいない。
 まあ、ここではこういう言い方をしましたが、そういうときはIntelligenceとかKnowledgeとかいう用語の出番になるんでしょうけど、まあ厳密なことはおいといて。
 2chだってまとめサイトとかあるじゃないですか。ねぇ。

 一番色んな権限があって情報を集めることができる政府がそういうことをしてくれないのなら、それに代わるのは報道機関でしょうけど、そこもねぇ。
 だって、例えば計画停電のグループわけとか、単に東電の発表をそのまんまコピペしただけだったりさ。
 あれ、「このグループにはこことここが入ります」という表だったでしょ。普通は、「うちはどこのグループかな?」と思って探しますよね。
 結局、住所とか郵便番号を入力するとグループを教えてくれたり、そのグループがいつ停電するか教えてくれるサイトを構築してくれたのは個人だったりしましたし。

 そもそも、これまでにも何度も、東電の公開する情報がPDFなのは気が狂っていると指摘しました。再利用とか自動解析とかするためには、もっと適したフォーマットがいくらでもあるというのに。
 それにあれって、例えば総理大臣が国民に向かって英語でなんか発表するようなものですよね。で、通訳は各人が用意してね、という。
 どっか頭がおかしいとしか思えない。

 報道機関と言えば、新聞社がニュースサイトとか運営していることが多いですが、記事の中でURLを示したりすることありますよね。
 ネット上のニュースサイトにある記事に出てくるURLが、どうしてリンクになっていないんでしょうね?
 ましてや、そのURLは、どうして「全角文字」で書いてあるんでしょうね?
 クリックしても飛べないだけじゃなく、コピペもできない。手で打ち込まないといけない。
 ところで、有名なサイトとよく似たドメイン名を取得して、URLの打ち間違いでそこに辿り着くことを待っている悪質なサイトとかありますよね。URLの手入力を強要すると言うことは、その手の犯罪に導くことだと思わないいんでしょうかね。思わないんでしょうね。

 情報の安全について言えば、SSLについてもなんか技術の一面しか見ていない人が多い。
 あれは、暗号化とかで情報を守る(見せない/改竄を防ぐ)ものだと思っている人が多いようですが、それだけでは半分しか正解でない。あれは、通信相手が誰であるかを保証するという、もう一つの柱があるわけです。
 いくら漏れないようにしても、或いは正しく伝わるようにしても、その伝えた相手が間違いだったら全部無意味ですからね。

 新聞社とか、ネットは敵だと思っているのか、どうも利用しようと考えずに排除しようとしますが、それはもしかして、わからないからじゃないでしょうか。
 上記のようなグループ検索サービスみたいなのを自分で作れない辺りとか。
 いつも思うんですけど、技術関連の報道って、ウソが多すぎ。
 それって、彼等、甘えてるんじゃないでしょうか。
 科学とか、わからないものなんだからしょうがないじゃん。
 そういう甘えがあるんじゃないでしょうか。
 仮にも情報を商品とか商売道具にしている連中が、こんだけ科学や技術に支えられた時代で、そんなことを言ってるなんてのは、どう考えても甘えでしかない。

 あとは、発信の仕方にも色々問題がある。
 何でもかんでも全部流せとは言いませんが、隠し通すことができないのなら、まだ全部ぶちまけた方がマシってもんです。
 政府とか、発信した情報しか流通しないとでも思ってるんでしょうか?
 「何か隠していそうだ」と思わせてしまったら、そのときから、妄想が産み出されるわけです。それらは、酷い現実よりももっと酷くなり得る。いくらでも。妄想だから。
 デマを飛ばすな、とか彼等言ってますが、そのデマを誘発したのは彼等自身だと思うんですけど。

 あとは、言葉でない情報とかね。
 例えば、政府の要人とかが、安全服だか作業着だかみたいなのを着てテレビに出たりしますが、あれは最悪ですね。
 彼等は、人間の体で言ってみれば、脳細胞のようなものです。立場上。
 その脳細胞が、自らの身を守らなければいけない状況にある。
 海外の人間とか、そう思うわけですよ。つまりもう、頭蓋骨が砕け散ってしまった、瀕死と言うかもう死ぬしかないような状況である、と。
 だから、まあ元々そういう格好をするのが常である人は別にいい。でも、普段と違う格好をするということは、中枢が危機に見舞われている、という情報を世界中にばらまいているわけです。

 まあ、日本人はその辺り考え方が違うかも知れませんが。なんと言っても、「自粛」「不謹慎」ですから。
 でも、例えば夜中にコンビニで節電しても全然意味がない。電力は不足していないし、余ったからと言って昼間に回せるわけでもないし。つまり、節電としては無意味なわけです。
 ところで、その良し悪しは別として、日本ではもう、夜中もずっとコンビニの電気がついているのが当然の世の中になっています。
 そのコンビニの電気が消えていると言うことは、これはつまり、「割れ窓」なわけです。
 あの理論が正しくて実際に犯罪が増えるかどうかはともかく、少くとも不安を呼び起こすことは確かでしょうね。

 とまあ、なんかこう、私なんてのは社会学とかそういったことに関しては全くの素人なんですけど、色々言いたいことが出てきてしまう。
 冒頭に書いたように、別に今の政権が云々ではない。
 ずっと以前からそうだったのが、今回色々見えてきた、そういうところでしょう。

 ものづくり大国もいいですけど、もうちょっと見えない「モノ」にも思いを馳せてもらいたいものです。

tag : 東日本大震災

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中