FC2ブログ

独り言: なんか枝野を見直した

 近頃メディアでの露出が激しい枝野幸男(現官房長官)ですが、最近評価が変って、ちょっと見直しました。
 というよりも、まあある意味、個人に対する評価は変ってないんですけど。

 どういうことか。
 以前、大臣だのなんだのやっていたときには、役に立たない奴だなーと思っていました。
 なんかどんどん喋る。だから、頭の回転の鈍い私は、「ああ、なんか凄い奴だなぁ」と思うんですけど、さて話が終わってよくよく内容を考え直してみると、実は何にも言ってない。そんなことがよくありました。
 つまり、なんだ口先だけか、とかいつも思ってたんです。

 そういう意味では、竹中平蔵とかと似ているかも。奴もよく喋りましたが、言ってることはまあある意味正しくても、状況に全然合ってないじゃないかとか、そんなところが。

 それでは何故最近は評価しているのか。
 官房長官というのは、まあ要するに広報担当ですよね。
 あれだけ中身のない会見で、よくあれだけ話ができるなと、感心している、という感じなんです。
 まさに、「適材適所」
 口先で取り繕うのが上手くて、あまり中身がない。官房長官にはうってつけです。

 そういう意味でまるっきり駄目な、「悪い例」を挙げると、千石(仮名)前官房長官ですね。
 あれはもう、そういう風に言ったらどういう反応があるか弁舌が命の政治家ならわかるだろう!と、素人の私が言いたくなるようなサイテーの話しぶりで、話している内容はと言えば、政府の総意とかそういうの全然考えずに暴走しまくってましたからね。
 枝野とは正反対で、間違っても官房長官にしてはいけない人物の代表だったと言えましょう。

 いやー、人間、なんか長所があれば居場所ってあるもんですねぇ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中