FC2ブログ

歌とか: 『久石譲inパリ』感想のようなもの

 今まさに放送中ですが、NHKのBSプレミアムで『久石譲inパリ』という番組があります。はこんな風に紹介されていますね。抜粋ですが。

1984年公開の「風の谷のナウシカ」から2013年公開の「風立ちぬ」まで、宮崎駿監督と久石譲コンビが手がけた全10作品の音楽を演奏するコンサート。


 久石譲の名はナウシカで知ったのですが、実は久石譲自身の本来の音楽ってあまり好きではありません。というか高尚すぎて私ではレベルが追い付かない。さりとてこれが「宮崎アニメの音楽」というくくりで編成される番組だと、どうも私がいいと思う作品があまり主体にならない。
 思うんですが、宮崎駿って歌の入ってない曲ってあまり好きでないのでは。というのは何度か書いた記憶がありますが。
 その点この番組は『久石譲inパリ』であり、その久石が宮崎作品で手がけた音楽ということで、大変よさげ。というか、ちょっと聴いた範囲ではまさに私の好きな方向で攻めてきている感じ。

 私基準でそういう不遇な曲がある作品は例えば、『魔女の宅急便』とか『紅の豚』とかですね。あと、これは宮崎監督じゃないですけど『耳をすませば』とか。
 魔女宅はやってたので、豚の方もちゃんとやってくれるといいなぁ。と思ったけど豚はちょっと物足りなかった……。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中