FC2ブログ

アニメ: 2017夏アニメ感想 (10)

 夏アニメ感想、8週めくらいのその一です。

捏造トラップ−NTR− trap:8「制御できない感情」
ntr_8_1.png
 また話をややこしくするー。相変わらず余計なことをしてくる由真です。……ですが。
ntr_8_2.pngntr_8_3.png
 まあ、いい方向に順調に育っていると言えなくもないか。
ntr_8_4.png
 ところでこの付け方、後で困るようにわざとやってるなんてことないですよね? まあ実際にそういうことになるまでもたなかったようですが。

ナイツ&マジック 第8章「Secret & Quest」

knightsmagic_8_1.png
「全部バラして、」

 そうですよね、バラすのは基本ですよね!
knightsmagic_8_2.png
 この時この人、いや人じゃないですけど、エル君を見て一体何を思ったか感じたんでしょうね。

knightsmagic_8_3.pngknightsmagic_8_4.png
「徒人でありながら徒人とは別なる理を知る者よ」

 後でこんなことを言っているし、そしてエル君にはそれが何を意味しているかわかる筈だし。そういう意味では、エル君はそれを聞いて一体何を思ったか感じたんでしょうね。
knightsmagic_8_5.png
 とまあ色々ありましたが完成した「斑鳩」。こちらには多分こんな文字はないだろうしフォントもないだろうから、自分でデザインした筈で。中々巧いじゃないですか。

天使の3P! #07「びっくり招待状」
 まずアヴァンですが。
tenshino3p_7_1.pngtenshino3p_7_2.png
 てっきりあの純真な笑顔に答えてくれる気になったのかと思いましたよ。
 勿論、嘘ですけど。ともあれ、
tenshino3p_7_3.png
こんなだったり、
tenshino3p_7_4.png
こんなだったりするからそういう間柄になれないんじゃないですかね、桜花さん。
 まあ、新たに登場した霧夢を名乗る人物の策略は尽く失敗しているので助かってますけど(笑)。

はじめてのギャル 第7話「はじめてのバイト」
 なんかこの作品とても不思議な感じがします。特段ドラマティックなことがそう起きてるわけでもないのに、みんなでわいわい騒いでいる内に
hajigal_7_1.pnghajigal_7_2.png
いつの間にかジュンイチと八女さんの間の雰囲気がどんどん良くなってきてるんですよね。赤い糸がいい仕事してるみたいなっていうか。

ゲーマーズ! DAY7「雨野景太と天道花憐の最高の娯楽」
 前々回、前回の目が回るような激しい展開とは打って変わって穏やかな話。
 最初はちょっと不穏な空気も漂ったものの、こうなるともう景太じゃないですが、例の定型セリフも出番がないですね。
gamers_7_1.png
 一瞬の絵でしかもちょっとぶれてますが、今回私が選んだ天道さんのベストショット。デートの前には
gamers_7_2.png
こんな顔もしてたことを考えると、良かったですねーという感じです。
 まあ、そうせずにはいられないということなのか、いつもの調子で
gamers_7_3.png
こんなことをしたために
gamers_7_4.png
こんなことになったのもいい思い出になるでしょう。これからも、互いに「末長く」「幾久しく」とか言ってるし、天道さんも

「交際にもステップというものがありますからね」

などと、ステップを踏めば良いと言ってるし。あとは原作のようにさえならなければ(笑)。
 ところで、千秋の「 とても可愛い」妹って、アニメで出番あるのかな?
 あと、亜玖璃さんも

「雨野っちってそういう大事なことも、他人の意見で決めるつもりなわけ?」

gamers_7_5.pnggamers_7_6.png
「ごめんなさい。今の相談は聞かなかったことにしてください」
「うん。よろしい」

中々厳しいことを言っていましたが、景太もそれですぐに理解して反省するし、なんだかんだ言ってみんな結構ちゃんとしているのに、景太と天道さん以外はどうしてこんな大変なことになってるんですかね。

恋と嘘 第8話「嘘のない想い」
 頑張っていたり、由佳吏には明るい表情を見せる高崎さん。
koiuso_8_1.pngkoiuso_8_2.png
 でも、密かに、あるいは演じている際に 
koiuso_8_3.pngkoiuso_8_4.png
こんな表情をしている高崎さん。

「高崎さん、大丈夫?」
「えっ…」
koiuso_8_5.png
「あっあっ気のせいだったらゴメン…!
なんか頑張ってる分、無理してるんじゃないかなって思って」
「……すごいな根島くん」

 でも、気付く由佳吏。高崎さんじゃないですけど、確かにすごいかも。
 さて、終盤は由佳吏と高崎さんの、「好き」についての対話。でも、同じ言葉について話していても随分と違う話になっています。

koiuso_8_6.png
「…ねえ高崎さん。“好き”って何?」

 こう問うた由佳吏は多分、それがどのようなものかを聞いている。しかし、

koiuso_8_7.png
「…ねえ根島くん。私わかんないよ。
好きって 何」

こう呟いた高崎さんは、どうしてなのかについて思っている。どうしてこんななのか。どうしてこうなっちゃうのか。
 まあある意味では、高崎さんはこの物語の象徴とも言える人物だし。
 色々と気にはなりますが、まだまだわかりませんね。

コメント

非公開コメント

No title

捏造トラップ
久々に見たこのアニメ。
由真の最終的な目的は何なのか。
原作見た事がないのでどうなるのか気になる。

ナイツ&マジック
あの世界におけるエルフの長老みたいな存在の意味深なセリフ。
もしかして過去にも何人かエルのような存在がいたのだろうか。
エルみたいになったのは特例としてもそうした人間が変革を起こしてきたのかも。
そう言えば、これでOPやEDに出てきたロボットはすべて出たのかな。

天使の3P!
アバンのアレで邪まな妄想を抱いていたらこの手のアニメの愛好者では
いられません。
桜花に偉そうな事言える様な存在だろうか、希は。
でも希なら行っても違和感なさそう。
柚葉の日焼け跡のある水着姿と言うのはフェチ感あるけどいいなぁと思った。
合法的に小学生女子に「当ててんのよ」をされて「お腹触って」と求められる。
ロリの楽園だなぁ。
井口裕香の声で「響(ひびき)」と言われると「シンフォギア」をまず連想する。
ヴォーカロイドならぬ小倉ロイドに日笠・井口と来たので、あと一人。
あと一人でロゥきゅーぶメイン声優全員登場だ。
「健全アニメ」と水を落としていた空、だとしたら不健全な目で見ている
人間は全員水を落とされるのか。
いったい何人に水が落ちてくるのか。

はじめてのギャル
蘭子のコスプレが「魔法少女まどかマギカ」の美樹さやか。
喜多村英梨が声やってるキャラが他の喜多村英梨キャラのコスプレ。
これは、狙ってますね。
なぜか「魔装学園H×H」だけ実名で朗読あり。
作者が脚本書いた事があるのでそのつながりで、なのか。
香椎のパンチラは蛇が仕事をしていない。
いいのか?いいんだろうけど。見る側は良いし。
いつの間にか店仕切ってる奴がいたり、なんで捕まらないの?いう奴がいたり。
そんな事がある内に一寸だけ男って所を見せた主人公がまた距離を詰めていく。
この下で感想書いているラブコメ作品とは大違いだ。

ゲーマーズ!
告白しました、OKされました。
でもそれで終わりません。まだ続きます。
どうにもこうにもぎくしゃくした二人、距離が縮まったと思ったらまた離れていく。
「カリオストロの城」に回転する二つの歯車の上にいるルパンと伯爵が
ぶつかっては離れていくを繰り返す、そんなシーンがあったが今の二人は
そんな関係だろうか。
水着と私服の色遣いを見て思ったが、白を基調として黒をアクセントに使う。
これが天道の好きな色使いなのか。
ここから彼女の心理を分析、なんて事はしません。

Re: No title

> 捏造トラップ
> 久々に見たこのアニメ。
> 由真の最終的な目的は何なのか。
こういう謎キャラって大概、実は極めて首尾一貫した行動をしてるんですよね。ただ、動機や目的が見えないだけで。
私も原作読んでないんですが、ちょっと興味あります。でも今読むとネタバレになるだろうし……。

> ナイツ&マジック
> もしかして過去にも何人かエルのような存在がいたのだろうか。
そうかも知れませんね。
で、もしかすると彼の前にシルエットナイトに技術革新を起こしたのもそういう人だったりして。

> 天使の3P!
> アバンのアレで邪まな妄想を抱いていたらこの手のアニメの愛好者では
> いられません。
そして、それが「釣り」(二重の意味で)だとわからないと、です。

> 柚葉の日焼け跡のある水着姿と言うのはフェチ感あるけどいいなぁと思った。
ああいう描写は考えてみるとあまり見ませんね。

> ロリの楽園だなぁ。
で、桜花、柚葉、潤達の順に有利なのは「その」度合いからでしょうか。
柚葉だって年齢では同格なのに(笑)。

> いったい何人に水が落ちてくるのか。
しかし、そういう人にはその水はご褒美でありましょう……。

> はじめてのギャル
> 蘭子のコスプレが「魔法少女まどかマギカ」の美樹さやか。
> 喜多村英梨が声やってるキャラが他の喜多村英梨キャラのコスプレ。
> これは、狙ってますね。
> なぜか「魔装学園H×H」だけ実名で朗読あり。
最後のはともかく、前回のキリトなんかもあり、多分関係各所に仁義(?)を通して作っているのでは。
ぱっと見の雰囲気と違う内容といい、結構色々と頑張ってそうですね。

> 香椎のパンチラは蛇が仕事をしていない。
そういえば寧音の時には逆にかなり規制(笑)が入ってましたっけ。
やはり、重要なのは見掛けなのだろうか?

> そんな事がある内に一寸だけ男って所を見せた主人公がまた距離を詰めていく。
> この下で感想書いているラブコメ作品とは大違いだ。
景太も、実は意外と「男」なんですけど、そういう部分はアニメではまだあまり出てきてませんね。

> ゲーマーズ!
> 告白しました、OKされました。
> でもそれで終わりません。まだ続きます。
むしろ、今の時期に告白→Okで終わるわけがないという(笑)。

> どうにもこうにもぎくしゃくした二人、距離が縮まったと思ったらまた離れていく。
もしかすると、この回のデートが最接近かも知れません。

> 水着と私服の色遣いを見て思ったが、白を基調として黒をアクセントに使う。
> これが天道の好きな色使いなのか。
彼女の髪は(記号でなく)本当に金髪のようなので、色の合わせ方も微妙に方向ってものがあるのかも?
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中