FC2ブログ

アニメ: 2017夏アニメ感想 (3)

 今週のアニメ感想です。今回は『 Re:CREATORS』がお休み(?)なので軽めになりますね。

捏造トラップ−NTR− trap:3「また練習しよっか」
ntr_3_1.pngntr_3_2.png
 「人を呪わば」……いやちょっと違うな。ミイラ取りでもないし。ぴったりの言葉があったような気もするんですが思い出せません。

恋と嘘 第3話「見落された恋」
 この作品では高崎さんが謎の大半を担っているような気がしますが、この人の面白いところは、わかるんだけどその先がわからない、みたいな二層(以上の?)構造だと思います。例えば、
koiuso_3_1.png
ここで何か(多分ああいうことを(笑))考えて
koiuso_3_2.png
こういう行動に至ったのはわかるんですが、その奥にあるものがね。ちなみに、
koiuso_3_3.png
この表情好き。というのはおいとくとして、
koiuso_3_4.png
今回は特に高崎さんの謎の活躍(?)が冴えた展開と言えるのでは。
 まあ、一番の謎は
koiuso_3_5.png
ここだと思うんですけどね。まあ、ここは普通に謎ですけど。

天使の3P! #02「いっしょにやりたい気持ち」

tenshino3p_2_1.png
「ちょっとだけなら……触っても、いいわよ」

 なんてのに慌てていては原作読者やそもそもこの手の作品を見るような趣味はやってられないですね(笑)。

tenshino3p_2_2.png
「弾きたいなら弾いてもいいわよって言ってるの」

 まあ、責任取らされることは変りませんけど。

メイドインアビス 第3話「出発」
 なんか物凄い急転回ですが、これは物凄い量の省略がなされているのでしょうね。でもふと思ったんですけど、これが結構原作に忠実に作ってあるとすると、わかんないところは原作読んでねってのも今の時代ならアリかも。
 あと、恒例の今回気になった一枚。
miabyss_3_1.png
 殆んど何が何だかわかりませんが、そこがいい。

ゲーマーズ! DAY2「上原祐と強くてニューゲーム」
 景太のアツいところが早速出てきましたね。暑苦しい方じゃなく熱い方が。いやまあ人によっては暑苦しいと思うかもですけど。
 そして。
gamers_2_1.pnggamers_2_2.png
 祐が景太と別れて見掛けてしまったものは……。
gamers_2_3.png
 (笑)。
 しかも、「人を呪わば」じゃないですが(本当に用法が「じゃない」ですけど以下略)、その直後に自分が似たような立場になっちゃうというのがね。

ナイツ&マジック 第3章「Scrap & Build」

「それは……
knightsmagic_3_1.png
趣味にございます!」
knightsmagic_3_2.png

 なんというか、こういうシーンのためだけに見ていてもいいような気が。というか実はまさか、そういう人向けの作品だったりして(笑)。

プリンセス・プリンシパル #02「case1 Dancy Conspiracy」
 ところで、プリンセスのお名前は?

 本作は、大体二回は見ないとですね。しかも、話数が積み重なると前のエピソードも参照しないといけないかも。
 例えば今回なら、

pripri_2_1.png
「女王になりたいの」

という目的が遂げられたとき、王座にいるのは一体誰なのか、とか。
 あとは、「つまらない人間」「正反対」の意味するところとか。
 そういうのはまだ答えがわかりませんが、アンジェの「あなたのお顔はずっと知ってました」とかはわかり易い。また、言葉でなく表情とかなら、今回は特にプリンセスに注目ですね。アンジェに「私と、友達になってくれませんか?」と言われたときの、
pripri_2_2.png
口しか描かれていない顔とか。
 まあ、単に顔という意味ではこれが一番ですが。

pripri_2_3.png
「優しいクラスみたいね」

 (笑)

 ともあれ、
pripri_2_4.png
十年ぶりの再会を喜び合う二人の姿。色んな意味で美しい情景です。
 で、プリンセスはアンジェをシャーロットと呼んでいるし、アンジェがプリンセスに宛てた手紙には"My dear Ange"とあるし?

 最後に一言。
 EDテーマ曲『A Page of My Story』については前にも話しましたが、このところサビの部分で聞こえるころころっていう感じの木のような感触のする音が妙に気に入っています。なんかとても心地好い。

コメント

非公開コメント

No title

天使の3P
確かに、ここでよこしまな妄想を抱くようではこの手の作品の愛好者ではいられない。
メインヒロインはあの三人だけど妹も人気がありそうです。
この作品。

ゲーマーズ
意外な過去が判明になり、「こいつ意外といい奴じゃないか」と思った。
でもメインヒロインたる彼女のポンコツ化が・・・。
葵せきなさんらしい作品だなぁと思う。

ナイツ&マジック
この主人公、こういう人間なんだよな。
見た目のかわいらしさに騙されてはいけない。
そういうギャップがいいという人もいるかもしれないが。
だからその手の人向けと言うのは間違ってないのかも。

メイドインアビス
展開早い。
そう思ったけどテンポがいいのであまり気にならなかった。
レグの適当についた嘘が通用するとは普段どういう事をしているんだろうとも思った。
喧嘩別れの様で実はちゃんと準備をしていたと言うシチュエーションが好きです。

プリンセスプリンシパル

確かに二回は見ないと、そして場合によってはそれ以上見ないといけない作品です。
作戦名がチェンジリング。
ヨーロッパの伝承にある入れ替えっ子伝説の事だ。
妖精が自分の子供と人間の子供を入れ替えて成長するに従い「これは自分たちの子供じゃない」と
うろたえるさまを見て楽しむもの、という。
この場合お姫様を入れ替えて自分たちの傀儡にという物だて。
でも実はすでにそれがなされていた、のではないか。
という視点で見てしまう。
双子、あるいは影武者か。
事実はわからないが、ら二人しか知らない秘密があるのは間違いない。
ケイバーライトによるモールス信号は、シンプルだけど「カッコいい使われ方だな」と思った。

Re: No title

> 天使の3P
> メインヒロインはあの三人だけど妹も人気がありそうです。
何を隠そう、いや隠すも何も原作の感想で散々書いてますが、私はくるみのファンです。
しかしそれって、ヒロインというよりも男前だからって感じなんですよね(笑)。

> ゲーマーズ
> 意外な過去が判明になり、「こいつ意外といい奴じゃないか」と思った。
上原君はねー。常識人でかつ善人あるが故に振り回される宿命というか(合掌)。

> でもメインヒロインたる彼女のポンコツ化が・・・。
まあ、ポンコツさが魅力と言えるキャラだと思いますけど(笑)。

> ナイツ&マジック
> そういうギャップがいいという人もいるかもしれないが。
> だからその手の人向けと言うのは間違ってないのかも。
ギャップというかもう、キャラの見掛けとか物語とか比較的どうでもいいのでヲタを描いてくれればそれでいいかな、と。

> メイドインアビス
> 喧嘩別れの様で実はちゃんと準備をしていたと言うシチュエーションが好きです。
この作品って、実は本当に恐い人ってあまりいないんじゃなかろうかという気がしています。

> プリンセスプリンシパル
> この場合お姫様を入れ替えて自分たちの傀儡にという物だて。
> でも実はすでにそれがなされていた、のではないか。
やはりそう思いますよね。まあでも、これまでの作劇からするともう一捻りくらいありそうな……?

> 事実はわからないが、ら二人しか知らない秘密があるのは間違いない。
10年前に一体どんな出会いがありどんな関係を築きどんな約束をしたのか。
結局、物語の重要な部分は全てそこにあったようですね。

> ケイバーライトによるモールス信号は、シンプルだけど「カッコいい使われ方だな」と思った。
なんかこう、通常の用法以外で使われると、使いこなしている、という印象がありますよね。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中