FC2ブログ

おカネ: 雇用問題に関する報道と対策

 近頃アニメ関連のエントリばかり書いているので、たまには下らない話でもしてみようかと。

 働き方改革とか何とかの関連なのか、最近また雇用の流動化とかそういう話をよく聞いたり目にしたりするようになりました。いつもはこの話題については、例えば主力産業の変遷とかその他の人材のミスマッチ解消のために雇用の流動性が必要になる→よって雇用は流動させなければいけない→長期雇用は悪、という論理の破綻について指摘してきました。
 ただ、他にも気になる点はあります。雇用問題の報道はほぼ常に、企業の側の視点からのものになっていることです。典型的なのが、解雇規制が厳しすぎるとかどーしたとかいう論点。

 まあ、メディアも学者(?)も視点がそうなるのは仕方のないことではあります。でも、放り出してあとは労働者の自己責任ってなんだかね。ハロワとかははっきり言って大して役に立たないわけで。
 ハロワについてちょっと脱線しておくと、別に厚生労働省が無能だから(だけ)というわけではなく、仕組み的にそもそも役に立ちにくい理由があります。どこがかというと、カネを出すんだから言う通りにしろ、というところ。

 で話を戻すと、解雇しやすさの話をするだけじゃなく、辞め易さの話も必要だ、ということです。

 普通は辞めれば収入がなくなるか減るので、どうしても立場が弱い。
 だったら、組合をきちんと働かせるべきです。

 ……ぶっ。

 って感じですね我ながら(笑)。だって組合って基本、企業の側のステークホルダーだし。辞めた人は関係ないですからね。辞めさせられたら困る、立場が弱い労働者が作るものだから。だから、日本みたいに、過去長期雇用が原則で、解雇された者へのサポートがなってない国では、そもそも意味がない。
 というわけで、もう今ある組合やその仕組みは捨て置いて、企業単位でなく業種での組合が必要でしょう。組合連合会ではなく。無茶苦茶大雑把に言うと、アメリカっぽいのではなくヨーロッパっぽいものです。

 なら派遣会社でいんじゃね?みたいなことにもなりそうですが、それでは今回の話とは出発点からして180度反対になっちゃいます。それは、労働者のためではなく(派遣会社という)企業のためという視点になってしまうから。

 てな話は、いつだったか忘れましたが堺屋太一が確かプライムニュースか何かで言ってたことを聞いて思ったことです。というか彼がそういう意見を述べていたのかも。記憶だけなのでもうどっちかわからなくなってしまいました。
 日本では、IT系の技術者なんかにそういうのができるといいような気がします。ギルドみたいな?
 なんとなれば、多分、ITは日本の最も重大な弱点であり、それはITの技術者、特にソフト開発者の地位が低いからだと思います。つい最近も日経新聞の一面トップにしょーもない記事が載っていたのが印象的でした。確かITに限った話ではなかったように思いますが、日本人いないから外人雇えばいいよね、みたいな。
 ばかですよねー。

 ここでまたちょっと脱線すると、いつも言っているように(……ブログで言ったっけ?)、日本では社会的な地位が高いほどレベルが低いように思うんですよ。で、それは人を選抜する仕組みや基準がどっかおかしいからだと。
 ま、だからと言ってじゃーどうすればいーんだという点はのーあいであなんですけど。

 今夜はアニメ『Re:CREATORS』の展開が非常に気になります。あのキャラが生きてるのか死んでるのかはたまたリポップ(笑)するのか。
 気晴らしの無駄話をするというのも、リラックスのためにいいかなと。

コメント

非公開コメント

No title

オイコノミアという経済教養番組が水曜日の午後十時から放送してます。
又吉直樹と経済学者が世の中の様々な問題を経済学の側面から見よう、という番組ですが。
その中で「四十歳定年制」という物を検討しているという話がありました。

20年も働けば自分に何が出来て何が向いているかわかるはず、だったらここで一度退職して自分のやりたい仕事に就くのがいいのではないか。
と、いう感じの物だったと記憶してますが。

馬鹿じゃないかと思った。

40歳と言うと家庭持っている人たちは一番忙しい時期。
そんな事が出来る人はどれだけいるのだろう。
今日仕事辞めて明日から新しい仕事に付けるわけでもない。
そんな事が出来る人ごくわずかだろう。
可能性として選択肢の一つにするならともかく、完全にこのシステムにしたら失業者急増だろうなぁと。

派遣にしても仕事がない時期の保証をしてくれるシステムがなく、他の派遣仕事もできないから困りものなのだが。
本宮ひろしの「サラリーマン金太郎」に以前あったけどユニオンという組織を形成するのも一つの手なのか。
日本は市民革命で民主主義を手に入れたわけではないので、お上任せの部分が強すぎると聞いた事があるけどそれも一因なのかな。
明治維新は一種の下克上だし。
下級武士と貴族が上級武士にとってかわったようなものだから。

Re: No title

> その中で「四十歳定年制」という物を検討しているという話がありました。
それよく聞きますが、もしや同じ人でしょうかねぇ。

何故か経済の世界に多いように感じるのですが、物事の理屈を考えない人ってよくいますよね。
もうちょっと正確に言うと、何か考え付くと前提が違っても当てはまると考えちゃう人。その人にも似たような印象を受けます。
多分、職業による違いとかそういうものを想像できない人なんでしょう。

> 今日仕事辞めて明日から新しい仕事に付けるわけでもない。
> そんな事が出来る人ごくわずかだろう。
人が余るという状況を想像できないんでしょうね、多分。
これも経済の人に見掛けますが、足りなくなったら余ってるところから回せばいいみたいに、スキルとか特性とか考えない人。

> 可能性として選択肢の一つにするならともかく、完全にこのシステムにしたら失業者急増だろうなぁと。
もしかすると、どっかの誰かみたいに派遣会社とかやりたい(かやってる)のかも(笑)?

> 本宮ひろしの「サラリーマン金太郎」に以前あったけどユニオンという組織を形成するのも一つの手なのか。
そこで言うユニオンがどのようなものを指しているかは知りませんが、日本でよくそう名乗っているのは本文で書いたようなダメなパターンに該当しているのではないかと。

> 日本は
そこの辺りはよくわからないので何とも言えませんが、戦国武将が自ら刀を持ち先陣を切って乗り込むなんていう物語が好まれるのは関係ありそうだと思っています。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中