FC2ブログ

独り言: ORとANDと不必要十分

 ここでいうORとかANDは、例えばC言語でいう"|"とか"&"とかの演算子のイメージです。
 などと言うとむしろわからなくなっちゃうかも知れませんけど。

 bitwiseな演算でORとかやると、イメージとしては段々ビットが立っていきますよね。勿論、対象となるデータによるわけですけど。逆にANDだとなくなっていく。
 いいことや便利なことがあるから一緒にすればとってもいい/便利になるという風に思いがちですが、実際にやってみたらそれぞれが足を引っ張りあって結局ダメダメになっちゃうことも多くて、今回はそういうののお話です。

 TPPなんかは、経済の協定のようでありつつ色々混ざってて、しかも、思惑まで含めると安全保障の目的まで紛れ込ませてあったわけです。
 が、手抜きをして一緒にしたりせずそれぞれをちゃんと考えておけばいいものを、相乗りさせれば便利だよね♪というノリでやってたら全部流れちゃいそうなことになって、結局大慌てしてるじゃないですか。

 そもそも自由貿易にしたって、経済の人はそれがいいに決まっていると言いますね。
 まあ、確かに貿易が自由にできるのはいいに決まっている。しかし、いいことに悪いことが付いてこない保証もない。会社は儲かったけどみんな貧乏になった、なんてことは別に珍しくもないし。
 そういう意味では、移民なんかも似たところありますか。

 共謀罪なんかもそんなところがあるように思います。
 せっかくだから、ついでにこういうのも取り締まれちゃえばいんじゃね?便利だよね?という調子でやってるように見えちゃって、ねぇ。

 あとは、マイナンバーカードとかね。
 カードのICによる個人認証は大変便利そうで、実は昔からそういう仕組みが欲しいと思ってはいたんです。でも、多分マイナンバーカードは失敗するでしょう。残念ながら。
 何故か?

 マイナンバーが書いてあるから。

 マイナンバーが知られたからと言って色んな情報がわかっちゃうわけではない。偉い人はそう説明します。
 確かに仕組みからするとそう言えるようになっているし、あの番号はむしろ名寄せ用に欲しがられていると思われます。
 しかし、(記憶では)番号を公開した人が警察のお世話になっちゃったり、企業でそれを扱う部署は専門の部屋を用意しろとかそれが無理ならパーティションを買えとか、コンピュータのメーカーが番号の記録された機器の保守を拒否したりとか、それは過剰反応だと言いますがそうせざるを得ないとしか読めないガイドラインが出ていたりとか。
 つまりは、そんな恐ろしいモノが書いてある代物をほいほい持ち歩けるわけがない。
 マイナンバーというのは、冒頭の比喩で言えば、1bitだけ立ってて後は全部寝てるデータってわけです。

 なんかマイナンバーカードの話が長くなりましたが、元々はその話をしようと思ったら似てる話が沢山あるなぁと思い始めてできあがったエントリなので(笑)。
 要は、ついでにこれもできると便利だよね?ってのはなるべく考えない方がいいんじゃないかということで、言い換えれば、一つのものに複数の目的を載せるのはよした方が良いということで。
 まあ、裁量の余地を残したがるお役所の人とかには難しいことでしょうけど。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中