FC2ブログ

アニメ: 2017春アニメ感想 (1)

 二週めくらいでのアニメ感想です。そろそろ、見ることを予定していた作品が出揃った感じです。

 というわけで順不同でてきとーに挙げてみます。まずは『Re:CREATORS』。ルビは「レクリエイターズ」となってますね。そしてもう第二話まで放送されています。
 その#02「ダイナマイトとクールガイ "......that wasn't funny."」では出番ありませんでしたが、軍服の姫君、ものすげーかっこいいじゃないですか。
recreators_1_1.png

recreators_1_2.png
 中の人があのキャラと同じとはとても……(笑)。
 ところで、このヒト意外と悪どくなかったりして? いや特に根拠はないんですけど、そうだと面白いかなと。
recreators_1_3.png
 颯太を見た時の反応がね。一体どんな関係が。まさか……いやでも彼は一話冒頭で自分を狂言回しと言ってたし。ただ、その時に触れていた「最後まで中心にいた彼女」とは誰のことなのかな。普通に考えればセレジアですけど。
 さて二話では、これまでに出てきた異世界キャラとはキャラデザの方向性からして全く違うまみかが登場。
recreators_2_1.png
 この世界から生み出された(?)キャラならこういうヒトがいるのも自然ですが、OPでのこの浮きようがまたよく作られていますね。まあ、浮いてる感じってことでこの絵出しましたが、
recreators_2_2.png
実はこちらの方が好きなんですけど。また本編でも、
recreators_2_3.png
あの雰囲気とあのBGMとあのSEとあの破壊力と、もう無茶苦茶(笑)。
 ただ、彼女には今回、重要な役割が与えられているように思いました。
recreators_2_4.pngrecreators_2_5.png
 調子に乗ってほいほい攻撃しまくった結果の惨状に唖然。

recreators_2_6.png
「……おかしいな……こんな……ふ、普通、血なんて、出ないのに」

 つまり、この作品世界の有り様を説明するための役どころということですが、ちょっと可哀想ですね。
 まあ、二次元キャラがあの世界でどのように三次元化しているのか、周囲からはどのように見えているのかというのも気になるところですが(笑)。

 『クロックワーク・プラネット』、第2話「大支柱崩落[パージ]」になってやっと二人(というか四人?)が出会いましたが、次回予告で「天才」と言っちゃってる辺り……。いやつい上で挙げた作品の感想の影響でメタっぽいコメントが(笑)。
 この二話のサブタイトル、崩落という現象に他動詞のルビを打っているのにはやはりそういう意味があるんですかね?
 あと取り敢えずコメントしとくと、
clopla_2_1.png
赤面すんのかよ(笑)。

 『アトム ザ・ビギニング』第01話「鉄腕起動」は、まあ取り敢えず見ておくかーという感じで見たら意外と面白かった。まあ予想よりはという感じですが、ちょっと今後に期待しちゃおうかな。
 まずはどうでもいいところに突っ込んでおくと、

atom-tb_1_1.png
「ピストンは男のロマンなんだよ」

って台詞には深い意味はありませんよねNHKだし?
 どうでもいいことをもうちょっと挙げておくと、
atom-tb_1_2.png
こういうの映像的に佐藤監督らしいなとか、
atom-tb_1_3.png
モン娘だったのかよ!とか、A106というネーミングが(笑)とか。
 さて、EDのキャストではメインキャラである天馬、お茶の水、A106に続いて出てきて、モノローグも入っていた蘭について。いや彼女もお茶の水か。
atom-tb_1_4.png
 この描き方から(いやこれは一瞬ですけど)、
atom-tb_1_5.pngatom-tb_1_6.png
こうなって、
atom-tb_1_7.png
こうなるわけですか。実はOPで気になったカットがあって。
atom-tb_1_8.png
 A106が一瞬手を出しかけて身構える所。自律的に判断するA106という表現かなと思ったのですが、一話の主題がそもそもそれだったのでちょっと違う意味に見えてきました。いや気にしすぎかも知れませんけど。
 OPの話をしたのでEDにも触れておくと、歌が南條愛乃さんですね。このセレクションはちょっと意外でした。もしかして、ラブライブの縁だったりして? いやこれも気にしすぎかも知れませんけど。

 原作ラノベの感想も書いている『エロマンガ先生』はもう二話になっています。
 ……二話と言えば冒頭のここのところ、
eromanga_2_3.png
ピー音にならなかった上に連発(笑)。
 さて。
 何と言うか本作、紗霧の描き方に気合いが入っているというか……(笑)。まあ、そこのところは揺るがしてはいけないポイントだと思うので。二話ラストのパジャマ姿なんて凄い破壊力。しかも、正宗視点ってことなのかちょっと上からの構図なので……。
 それにしても先生、
eromanga_2_1.png

eromanga_2_2.png
よく踊ってますねぇ(それぞれOP/EDより)。
 EDと言えば、今回のラスト、あのシーンからこのEDムービーにつなぐってねぇ……(笑)。
 でも、微妙な露出が多かったり色々とありましたが、個人的に第二話で一番エロかったのは
eromanga_2_4.png
ここだったかな、などと思ったりしますが。
 話については、小説版読んでる分にはまだまだ序盤ということで、こういう感じかな、くらいかな。

 他にも見てるのはそれなりにありますし面白そうかなと思ったのもそれなりにありますが、それらはまあ追々と言うことで。

コメント

非公開コメント

No title

レクリエイターズ

月光条例みたいだなぁというのが最初の感想でしたが、逆異世界召喚ものとしては月光条例よりは洗練されている感じがして好きになれそうです。
まあそれは人それぞれですが。

個人的にはあの魔法少女との戦いがインパクトがありましたね。
古い話ですがダンバインというアニメでオーラバトラーという異世界のロボットが現実の東京で大暴れした時の惨劇をふと思い出した。
あそこまでひどくないが。
世界観の違いからくる悲劇と言うのでしょうか。

多分どれみとプリキュアがミックスされたような世界観にいたんでしようね。
あの魔法少女。

エロマンガ先生

恵美のおちんちん発言にはネットが大騒ぎだったようです。
めぐみんの呼び方に「この素晴らしい世界に祝福を!」は先月終わったよ、とつぶやきたくなった。
お面がメルルなので「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」の世界と同じ世界と思われる。
あっちが千葉でこっちが東京か。

踊る紗霧にはちょっと違和感です。
引きこもりでごろごろしているイメージが強いから。
あれが本来の彼女の姿なのかもしれないが。

この作品で驚いたのが作品の外の展開ですね。
「純金のエロマンガ先生像」って、買う人はどれ位いるのだろう。
40万円だそうですが。

Re: No title

> レクリエイターズ
> 個人的にはあの魔法少女との戦いがインパクトがありましたね。
戦闘中にも、あのポップな効果音とあの洒落にならない破壊力に妙にギャップがあるなぁと見てて思っていました。
なので、なるほどこういう展開か、と。

> 世界観の違いからくる悲劇と言うのでしょうか。
違いという点では、本文にも書きましたがやっぱり人物がどう見えているのが気になります。

> 多分どれみとプリキュアがミックスされたような世界観にいたんでしようね。
> あの魔法少女。
普通、血なんて出ないらしいですからね。

> エロマンガ先生
> 恵美のおちんちん発言にはネットが大騒ぎだったようです。
しかし、思ったほどには騒ぎにならなかったという印象です。
ブログでいつも禁止ワードに邪魔されるのであまり意識していませんでしたが、取り締まっている人たちって絵を対象にしていることが実は殆んどなのでしょうか。

> お面がメルルなので「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」の世界と同じ世界と思われる。
いやいやもしかすると、レクリエイターズみたいにどっちかがどっちかを生み出しているとかかも(笑)?

> 踊る紗霧にはちょっと違和感です。
> 引きこもりでごろごろしているイメージが強いから。
> あれが本来の彼女の姿なのかもしれないが。
絵を描くのに実物を見るという習性からすると、動きのある絵を描くためには自分でも動いてみている、かも?
まあ現実問題として、体を動かしていないとあんなに健康そうではいられないでしょうけど。

> 「純金のエロマンガ先生像」って、買う人はどれ位いるのだろう。
> 40万円だそうですが。
最近、そういうグッズも二極化しているような気がしてならないのですが……(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中