FC2ブログ

アニメ: 『けものフレンズ』最終話の前に振り返り

 テレビでは今夜(深夜)最終話が放送される予定のアニメ『けものフレンズ』。
 明日になってしまったら多分できないような話ってのもあるでしょうし、結末を知らない内の与太話をしておくことにします。いやまあ明日以降でもできる話も含んでると思いますが。

 これまでの話で、これなんでだろう?みたいに思ってその後わかったことがいくつかありました。
 例えば、第6話。かばんちゃん、
kemofrie_6_8.png
一体何をそんなに驚いたのかなと思ったのですが、ライオンさんはてきとーに負けてやる筈だったのに、ということでしょうね。いやそう言っている人がいてなるほどと思ったということですけど。
 また、第7話の最後でかばんちゃんが受け取っていたもの。
kemofrie_7_8.png
 あれは第11話で使われたマッチですね。一体いつの間に使い方を。
 他にもあったように思いますが、まあそれはそれとして。

 11話では、かばんちゃんはまるで魔法かドラえもんのように色々なものを取り出していましたが、そのためのかばんだったということでしょうか。松明になっちゃったのは7話でちゃんばらに使ってたやつだろうし。最初の頃、かばんちゃんのかばんには一体何が入ってるんだろうと思ったんですが、中身はその後詰め込まれたんですね。
 ヒトのフレンズがかばんちゃんになったのは、比喩的な意味での蓄積の更に象徴、という感じかな。
 まあ、ただ単にミライさんが持ってたということかも知れませんが。

 ミライさんと言えば、かばんちゃんってガイド(ミライ)さんのフレンズかなぁ?とか当初思ったわけですが。
 そのこともこれから書くことも別に推理とか予想ってわけじゃなく、ただ単に自分も面白いこと考えてみたという程度のことなんですが。
 無機物にサンドスターが作用しても何かが起る(セルリアンができる)のなら、もしやサーバルって、サーバルのフレンズだったりして?
 つまり、サーバルキャットのフレンズのサーバルにサンドスターが作用してフレンズのフレンズが誕生したのが今のサーバルとか。なんか、
kemofrie_10_8.png
の意味も説明付きますし。

 意味と言えば、人はやはり意味とか理由を求めるものなんでしょうか。
 けもフレも、たーのしー!部分(娯楽)と知りたい(情報)部分があるわけですが、後者に惹かれるのってやはり、意味、理由、何故、というのがキーワードだと思いますし。伏線なんかは、そのイベントの意味の発見という部分や、ストーリーの構造の発見という部分がありますよね。

 最後に、今更ながらOP曲の『ようこそジャパリパークへ』について。
 あれって、考えてみると随分贅沢な曲です。メロディが、AメロBメロサビ、そのサビも前半後半、インターリュードっぽいのも、そして最後に「ララララー」の部分。リズムも緩急があるし、Aメロはマイナーだったりするし。実に多彩です。
 そして、歌詞もいいし。いいというのも、純粋にいいという意味でもあれば面白いという意味でも。

 OP曲はあからさまにけもフレ内の固有名詞が出てきたりしますが、ED曲の歌詞も深読みしようと思えばできる感じだし、最終話を見てもう一度歌詞をよく読んでみると面白いかも。

 思い起こしてみると、第9話からそれまでのからっと明るい気候から寒くなったり暗くなったり、11話の展開をちゃんと空気で見せていたように感じられますが、さて、最終話は一体どうなるのか。
 取り敢えず、監督がインタビューの最後の方で使った難しい漢字は見なかったことにして……(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中