FC2ブログ

独り言: 敢えて時流に逆らってITと著作権法制

 ちょっと前から話題になっていて数日前にコメントしようかと思っていたことですが、疲れていてタイミング逃した(らまとめができてた)のと考えてたら結局面倒くさくなったので、最初の第一印象に立ち返ってみます。というか一言言っておきたい。
 ネタはこれ。
偽史「著作権法のせいで日本では検索エンジンができなかった」は誰が吹聴しているのか - Togetterまとめ
 ネタにすると言いつつ面倒なのでちゃんと読んでないんですけど。

 基本的には私は、日米の著作権法の違いはやはり業界の勢いに影響しているという立場なんですが、さすがに
  • 日本に検索エンジンがなかったとか
  • フェアユースのお陰でGoogleが生まれたとか
いうような話が出てくると背中から撃たれているという感じ。まあ私自身も調子に乗った話をしちゃったことはあるので反省(笑)。
 前者については明確にデマとしか言いようのないものだし。いやまあ生き残るようなのがという意味でも篭ってれば別ですけど。後者については、それは有利な条件の一つとして挙げ、「〜得た」くらいの表現ならまだ……。

 考え方としてはこんな辺りが近いかな。
日本製検索エンジンが生まれなかったわけ: 花水木法律事務所
 タイトルはちょっとアレですが、

話半分以下で読んでほしい。

と宣言しているのでまあいいですよね。で、キモはこの辺り。

結局のところ、彼我の違いは法制度ではなく、精神構造の違いではないのだろうか。

つまり検索エンジンを違法と断ずる法律がないとき、Googleは「検索エンジンを作ってよい」と理解し、日本人は「作ってはいけない」と理解した。「規制が無い」ことを「自由」と理解するのか、「禁止」と理解するのかの違いである。もし違法となった場合のリスクを、Googleは「取り」、日本人は「避ける」。


 私はこれに加えて、これはちょっとどこで読んだのか失念してしまいましたが、日本の企業は役所に、どう判断/解釈するのか決めて欲しいと言うらしいんですよね。だから、ここで言うところの「精神構造の違い」は法制度にも込められていると思うんですよ。いや立法府は国会だという建て前はおいといて(笑)。

 私がよく使う言い方だと、日本では役所の人が考えて判断した結果を法律にしますが、あちらだとその考えて判断するための基準が法になっているという印象です。だからスピードも違うしムチャを押し通す余地がある。
 余談ですが、日本で著作権的にグレーというのは、クロだけど訴えられるかどうかがグレーという場合が沢山あるので区別が必要ですよね。二次創作とか。

 また、これは精神性の問題と片付けてしまえることでもないとも思います。
 日米で比較すると、あちらはまず訴訟でまあ場合によっては示談もという感じだと聞きますが、日本では訴訟ってそういうの全部駄目だったときの最終決戦の場で、訴訟やってるというだけで企業イメージに影響あったりしますしね。逮捕された!→即ち犯人、というのとも似ているかも。そりゃリスクそのものの大きさが違うんだから違いも出るんでは?

 あと、著作権法の話をするのなら検索エンジンよりもYouTubeみたいなのの方が適しているかも知れませんね。
 まあ、あそこがその後どこの傘下になったかを考えるとやっぱり紛らわしいですけど(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中