FC2ブログ

おカネ: IoTはDRAMになるか

 久し振りに日本の経済の話。そういう関係のネタはいくつかあるんですが、もっと重要なテーマの話があるのでそんなことはどうも後回しになっちゃいますな(笑)。

 IoTについてはもう最近しょっちゅう新聞やら何やらで話題になっているのでいいとして、ではなんでDRAMと絡めているのか?
 それは、もう四半世紀くらい前のことを思い出したからです。尤も、もう色々と記憶が曖昧になっていますし大したことでもないので面倒くさくてちゃんと調べてもいないしで、殆んど思い出話レベルの内容になりますが。

 あの頃、時代はコンピュータだってことで、DRAMは大量に必要になるから大儲けできるぞ!とばかりに騒いでいたわけです。が、DRAMみたいな汎用品って規格も決まってますし、ということは必要以上に性能を上げても非互換になっちゃうし、品質だってある程度以上になるとさほど意味がないし、しかもこれは当然ですが機能の面でも差別化はできないしで、結局のところあまり競争力がなかった。
 結局、いつの間にかさっぱり聞かなくなりましたね景気のいい話は。

 で、近頃IoTの何兆円市場で日本製のセンサーなんかがーとかいう話を目にするのですが、どうにもね、重なるんですよ上記のような思い出に。
 さすがにDRAMみたいに規格がどうこうということはあまりないかも知れませんが、それでも事実上の上限みたいなのはあるでしょうし。
 そして何より、センサーなんかは情報の通り道でしかなくて、じゃあIoTがどーしたこーしたというのは何かというと、結局はそれを使ったシステムを構築した人がどういう情報を集めてどのように処理するかというのがポイントであるわけで。ところが、そういう部分についてどのように考えているのかというのがさっぱり……というのは言い過ぎですが、ちょっとしか聞こえてこない。

 一体、IoT!と叫んでどういうのをイメージしているんでしょうか?

 あと、この話題が囂しくなってから数年ずっと気になっていたんですが、セキュリティはどうするんでしょうね。
 もう現実になっていますが、IoT機器が攻撃に利用されたりするケースは今後も増えていくでしょう。で、セキュリティホールがみつかったとして、それを一体どうやって改修するんでしょうか。ファーム(と呼ぶのかな?)の入れ替え機構なんかあると当然攻撃の的になるわけで、耐え切れるのか。
 そういう話は誰もが気付いていると思うんですが、やっぱあれですかね、口に出せない雰囲気ってやつですか?
 なんせ、日本ではITのセキュリティなんてもう何周遅れかわかりませんし。

 この間読売新聞で、もう正確には憶えていませんがAIの研究のためのプラットフォームを用意する組織の人へのインタビュー記事があって、これからなのに弱気すぎないかと質問されるくらいの内容でした。
 結局のところその記事、もうバクチに頼るしかないということかと読んでてつい解釈しちゃいました。だって、物凄い人が現れて一発逆転なんてこともあるかも知れない、みたいな回答だったから(笑)。
 この件、上記の利用の話とセキュリティの話、いずれにも絡んできますよね。

 というわけで、IoTの時代で日本は大躍進!なんて記事が飛び交う中、つい無意識に使ってしまったこの用語が的確な表現になってたりしないといいんですけど。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中