FC2ブログ

アニメ: 『けものフレンズ』〜5話感想

 アニメ『けものフレンズ』がバズっててなんだか気になってきて、録画してあったのを一気に……は無理だったので昨夜から二日にわたって第5話まで見てみました。
 元々は、「たーのしー」とかいう特定のワードが妙によく目に入るようになってきて、作品名も併記されてるのも見て、その内その言葉の解説が記事になったりという感じでした。最初に認識したのはオバマ元大統領の写真に当てたやつかな。

 で、見てみて思ったこと。
 4話がなかったら、あーこれ夕方くらいにやってもいんじゃね?くらいの感想だったかな、という感じ。色んな動物が「フレンド(フレンズ)」になってて、その中に人間のフレンドが一人いて。人間だから知恵を出すのが見せ場、みたいな。かばんちゃんのかばんの中身って何ですか? わたし、気になります!
 まあそれはそれでいいんですが、でも、あのディストピアな背景を見ちゃうと……。テーマパークに溶岩が!とか「絶滅」ってなによ?とか。

 ジャパリパークはけものを絵とかだけでなく擬人化できるテーマパークで、でもあるとき天変地異が起きて、ガイドのおねえさんだけがそのシステムで生き延びた、みたいな? ラッキービーストがかばんちゃんにだけ言葉を発するのはかばんちゃんだけが人間だからだろうし。
 まあてきとーな思いつきですが、そんなくらいの終末感があります。

 監督のたつきさんは『てさぐれ!部活もの』の人だそうですが、あれ、あのノリでラストが妙に感動的だったのが印象に残っています。もしかすると今回もそういう方向性かも?
 ただ、仮に「そういう方向性」としても、どのあたりまで「そういう」なのか。ドラマティックなのにはイイハナシダナーなのもあればこわい話もあるので……。しかも深夜アニメだしね。
 まあ、IQを下げるのが作法のようなのでその辺りの追求はおいとくことにして。

 それにしても、
kemofrie_cm_1.png
ブルーレイ付ガイドブック(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中