FC2ブログ

独り言: 言偏と人偏の混同?

 今回のネタはこれ↓。
道徳でプログラミング学習 規則尊重を順次処理通して | 教育新聞 電子版

小学校の道徳にプログラミング学習を関連づけた特別授業が2月6日、さいたま市立七里小学校(丸山雅夫校長、児童数411人)で行われた。指導したのは埼玉大学教育学部の山本利一副学部長。1年生道徳の内容項目「規則尊重」を、プログラミングの順次処理を通して考える展開を実施した。
(略)
内容項目「規則の尊重」を児童に考えさせるために、最初に山本副学部長と指導サポート役を務めた同大の学生たちは寸劇で、「バス停での割り込み」を再現。割り込みは迷惑行為であり、公共の場で順番を守る大切さを考えさせた。
(略)
最後は、再度、バス停での割り込み寸劇を見せ、順番を守る大切さを再認識させる締めくくりを工夫していた。


 あのー、プログラミングの世界で割り込みって普通、優先度の高い処理を行いたい時に使いますよね。重要だったり緊急だったり。
 ということは、「バス停での割り込みは迷惑」って話とかよりもむしろ、「救急車には道を譲らないといけませんね」的な題材になるべきじゃない? それが道徳ってもんよ。

 まあなんというか、形式上似ているところがあるからって、必然性のないものを結び付けるからこういうことになる。つまり、ちょっと考え方を変えただけで全く逆の意味になっちゃったりしてね。

 この件で連想したものがあって、それは前にも指摘したことがある、掛け算の順序の話。
 意味を理解させるのも重要だけど、だからと言って日本語の語順と掛け算の順序を一緒にしなければいけないなんていう必然性のないローカルルールを作っちゃったりすると、例えば中学に入って方程式を習い始めたらいきなり、習ったはずのことが「嘘」になる。
 xが二つとyが三つ合わさったら7になるのは普通、
2x + 3y = 7
このように書きますよね。
 こういうことが起ると、数学的センスがある子供は数学が嫌いになるんじゃない? バカバカしくて。センスがない子供は特に気にしないだろうけど。

 もっと連想をしちゃったものがあるんですが、それは、安倍内閣とTPP。
 TPP成立は確定したものと考えてそれに便乗して色んなものを混ぜちゃったもんだから、TPPなくなりそうでもTPP法案はやめられない、みたいな。まあそれに限らず、共謀罪だって児ポ法だって違法ダウンロードだって、なんかついでに他のもしょっぴければみたいな部分ありますし。

 これは、誰がどのような文脈で何について言っていた時の言葉か忘れましたが、目的の違うものを一緒にすべきではないというような話がどこかにあったように思います。
 タイトルで言っているのは論理と倫理ってことですが、上記の例全部、なんかそういう指摘が当てはまりそうな気がします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中