FC2ブログ

独り言: 倒錯集

 なんかこう名称と実体が乖離していることが多いなーという話を何度もしてきましたが、ここらでちょっとまとめてみようかと思い、徒然なるままに書き連ねてみようかと。
 まあたまにやっている「焼き直しシリーズ」のようなものですが、それだけだとさすがに何の芸もないので、ちょっとくらいは書き足すことにしましょうか。

 まずはサヨク。あるいは≒リベラル。
 とは言え、これはもしかすると日本の固有種かも知れず、となると倒錯的なのも半分くらい必然かも。
 どういうことかというと、もう言い飽きた感もありますが、右翼左翼という分類に入りませんよねサヨクって。まず国家(政府とか体制ではない)を非難しなければいけない。そういう構造を思想的に否定するというのではなくね。我らの国家は悪だ。それを出発点とすることが正しいのであり優れた者の証しであり選ばれたものである、と。
 で、どの辺りが倒錯的なのか。
 そのことを是としつつ、極めて日本的であることです。日本古来の感性がなければ成立し得ない。だから固有種かも?と思ったわけですが。
 例えば、言霊思想。「〜はない」と唱えれば存在しないことになると思っちゃうところ。
 例えば、想定される敵に武士道精神を期待しちゃうところ。丸腰の相手は見逃してくれるかなーみたいな。
 他にもありますが挙げていると次に進めないのでそろそろ切り上げます。

 次に挙げるのはメディア。
 メディアってつまりは媒体ですけど、実体は違いますよね。ネットで言えばゼロレーティングみたいな。情報に「角度を付け」て無知な民を正しい方へと導くのが仕事だと思ってるところ。表現は特定の新聞社から借りてきましたが、基本はどこも同じですよね。全然「媒体」じゃない。むしろクリエイターかも?

 これは元はこのブログじゃなく裏の方に書いたのですが、人権活動家が大概差別主義者であるという話。
 まあ要するに、特定の人(達)の人権を特別視することからスタートするので、ある意味そうなるのは時間の問題とも言えますか。

 そういう活動家の中で女性の権利がどーしたこーしたの人たちは、どうやら西洋に於て女性が解放される前の時代を目指しているようで、特に性に関しては極めて潔癖性というか嫌悪しているというか。
 ところが、これがまた正反対の立場である(自称)保守の人たちがそっくりなんですね。

 道徳だとか青少年の健全な育成がどーしたーこーしたの人たちは、まるでマンガの世界で不純異性交遊!と叫ぶ風紀委員みたいで。不純な異性交遊は好ましくないという話かと思えばそうじゃなく、異性交遊は不純だから不可になっちゃう。
 まあ確かに男女七歳にしてとか言いますが、(自称)保守の人たちが大切にする筈の伝統によれば、そこから十年もすると結婚していることが多いんじゃない?

 性のことが問題にされることがまあ一番多い気がしますが、そうやってお綺麗に育てるのって、食事で言えばサプリメントだけで育てるようなもので、実に「合理的」じゃないですかね。でも、「合理的」って彼等嫌いそうな気がするんですけど。清濁併せ呑むことも必要、とか言ってそうじゃないですか。
 勿論、鍵かっこを付けていることで表しているつもりではありますが、ここで言う「合理的」というのは一般的に使われている意味での所謂合理的のことであり、理に適っているか、筋が通っているか等とは関係ありません。

 結局こちらも、西洋人が見て驚いたような奔放な日本人ではなく、その西洋人、それも昔の(いや今でもそう変ってないと思いますが)彼等の感覚そのもので、一体どこが保守なのか私にはよくわかりません。
 明治以降とか今の政権は特にかもですが、長州辺りのかぶれ具合いが元でしょうか。

 さてこの辺りで上記の「書き足し」も含めて終りなのですが、予定外のことを考えちゃったのでちょっと更に書き足しておきましょうか。
 最後に出てきた明治の話ですが、王政復古って、あれ良かったんですかね。
 つまり、天皇さんにそんな俗なことさせて良いん?ということですけど。
 長いこと権力と権威を分離してきたのに、わざわざそれを西洋みたいにしなくとも良かったんでは。天皇陛下には維新のごたごたの時だけ降りてきてもらって、後はまた殿上だか天上だかにいてもらった方が、日本の神話にも似てこの国らしい構造が保てるんじゃないかなーと。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中