FC2ブログ

アニメ: 懐かしのエヴァ第拾九話

 いつものアニメ感想の中でついでに書こうかとも思ったのですが、今週のアニメ感想は欠番になりそうなので別途起こしました。

 しばらく前からNHK BSプレミアムでアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の再放送をやっているわけですが、昨夜(2017-01-27)は「あの」第拾九話「男の戰い」でした。
 私としては本当に「あの」という印象で、シリーズの一つのクライマックスだったように思います。転換点と言ってもいいかも。ゲンドウさんも全てはこれからと言ってましたし。
 色々詰め込まれているエヴァの中でも、特にてんこ盛りの話数でした。

 使徒はなんか見掛け可愛い(笑)のに超絶強くてネルフ大混乱だし。
 アスカは壊れかけてるし、レイは特攻しちゃうし、加持さんはシンジになんか語ってくれるし、お陰でシンジくん変っちゃうし。歴史に残る台詞も多かったですし。語ると言えばリッちゃん雄弁でしたね(笑)。それ言っちゃっていいの?みたいな。機密情報がだだ漏れね。
 レイが初号機に乗れないことがゲンドウを拒絶することになるのかとか、活動限界過ぎちゃった筈の初号機はいきなり動き出して覚醒とか再生とかしちゃうとか。いやあの強力さ凄かったですね今見ても。まあその後いきなり四つんばいで這い始めて唖然ですけど(笑)。

 主人公の側が窮地に陥ったとき、それまで物語的には「ルール」だったことが破られてしまうとどうしてもご都合主義っぽくなってしまうわけですが、覚醒したエヴァはかっこよくない(笑)し……いやある意味ではかっこいいかも知れませんが少なくともスマートじゃないし、装甲版ではなく拘束具だったとか色んなことが引っくり返ってしまうのでもうどうでもいいやって感じ(笑)?

 そして何より、あの名曲THANATOSが流れたのってこの時が最初のように思うんですけどどうかな。私の記憶の中では、レイへの葬送の曲なんですよね。
 これは今でもたまに聴いてる曲で、ある意味でこれが流れるシーンを見たくて今回の再放送をチェックしていたという面もあります。
 考えてみるとテレビシリーズの映像は今手元にないんですよね。正確にはLDが残って(遺って?)いますが、LDプレイヤーのファームが飛んじゃってて動かないし。DVDは買ってないし。

 ともあれ、そういう意味では目的を達成できたとも言えるので、とりあえず良かった。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中