FC2ブログ

アニメ: 2016秋アニメ感想 +β

 もう2017年になって一週間ほど経っているのに未だに2016年のアニメの感想(笑)。
 いやもう今年のもいくつか見てるんですが、これまでのところなんかこう、これはっと思うのがなくて。七咲弟が姉ちゃんに似てるなとか、一迅社のCMすげぇとか、

「間違っても歯を立てるなよ」
「あー! 今のなんかエッチっぽい!」

ってどういう意味だよ(笑)とか、そんな所でしょうか。

フリップフラッパーズ
 でしつこいようですがまたもフリフラ。BD見たので。

フリップフラッパーズ 1 [Blu-ray]
Happinet (2017-01-06)
売り上げランキング: 412

 本当は今日あったイベントちょっと行きたいなとも思ってたんですが、昨年案内があったときに見てみたら、なんか決済が面倒くさそうだ……とか思っている内に期限が。まあ(残念ながら)予想に違わずあまり売れてないようなので飛び入りでも行けたかもしれませんけど。

 まあそういう後ろ向きの話はおいとくとして、BDで見直したらやっぱり色々とわかったことがありました。面白そうだとは思っていても、最初の頃は後々ほどはちゃんと見ていなかったということもありますし、後の(例えば)ココナのことを知って見るからわかることもありますし。
 細かいところでは、これはオーディオコメンタリで言われて気付いたのですが、
flifla_1_5.png
1話のOPから既にニュニュがいる!とか(笑)。ついTVの録画の方を確認しちゃいました。
 コメンタリと言えば、あの街の風景について言ってましたけど、私もあの雰囲気すごく好きです。また、最終話で迷い込んだピュアイリュージョン?のあまりの現実っぽさに愕然としましたが、そのように感じさせる意図もあったのかも、とも思いました。
 あと更にコメンタリの話題を続けると、1話でココナが変身したときの描写の迫力は私もすごいなと思いました。各シーンの音楽の話なども結構同感という感想。

 比較的どうでもいいことでは、
flifla_1_6.png
ヤヤカってココナより背が低かったんだ、とか。
 この身長差であの存在感を出してたのか。

 最初に見たときには、どうしてココナはパピカに付いていったのか不思議に感じたのですが、ココナがどういう事に対して意固地になるかとかどんなことを気にしているのかとかそういうことが見えてきたので、なんとなくこれが答えかなと思ったところがありました。
 それは、2話でパピカが「でもやっと見つけたんだよ」と言ったとき一瞬見せた表情です。
flifla_2_22.png
 ここ、良く見ると目がキラキラと輝いてるんですね。
 後にココナはパピカが強引だったとか何とか言ってましたが、それだけではないっぽいでしょうか。

 絵についてはこれまでにも高く評価してきました。が、味という意味でなく単に絵が崩れてないかとか動きが自然かとか、そういう点で安心して見ていられたのは、こういう色々考えさせる作品では重要なポイントだったのかも知れないかななどとも思います。

 ところで、以前読んだ監督へのインタビューを読んで、ピュアイリュージョンが誰の世界かを考えてみるのも面白いかなと思ったのですが、この2話はもしやユクスキュルの世界でしょうかね(笑)?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中