FC2ブログ

アニメ: 2016秋アニメ感想 +α

 アニメの感想、ちょっとだけ書き足しです。

フリップフラッパーズ
 秋アニメの総括っぽい感想で色々振り返り、まあベスト3を挙げるなら『Occultic;Nine』, 『響け!ユーフォニアム2』, そして『フリップフラッパーズ』という感じに書きたかったんですが、最後のフリフラでは途中でちょっと力尽きちゃいまして。
 OC9は前の週に終わってたし。
 ユーフォは最終話個別の感想もあっても比較的書き易かったので良かったんですよね。なんせ、良いところがわかりやすい。
 しかし本作は、実は最終話の放送日にリアルタイムで見ていたのに結局土曜までかかって、でもあれですから。
 今日はふと何となくさきほど最終話をもう一度見て、それで新たに何かわかったとかいうわけでもないのにちょっと追記してみたくなりました。

 普通の意味での完成度、例えば絵とかストーリーとか人物とかの描写の巧みさという意味ではユーフォが上かなと思うんですが、色々引っ掛かるところはありつつも、興味深かったのはフリフラでしたし。

 なんというのか、そもそもあの不思議な世界、というよりもその世界に対して感じるものの不思議さが実に面白かった。自分の中に反射され生じる感覚の、これは何だろうという感じが。
 で、それをまた、ストーリーや細かい描写、絵柄なども含め、全体で補間というか補完というかしてますよね。例えば最終話でココナが「帰ってきた」場所の、なんと違うことか。まるで夢と現実くらい違う。
 ところで、見返して今更気付いたことがあります。あの世界はあまりに我々の世界に似ているので勘違いしていましたが、実はあれもピュアイリュージョンだったんでしょうか。だって、これまでの世界に戻る時、パピカは出口と言っていたし。

 絵と言えば、上記のような「味」の部分だけでなくもっと基本的な部分、つまり動きの良さとか作画の安定性とかそういうところも評価したいです。

 まあともかく、インタビュー記事見てたからわかったこととか結局わからないこととか色々ありますが、それも含めての面白さという気もします。

ラブライブ!The School Idol Movie
 フリフラだけだったら一々ブログ書き足したりしなかったかも知れませんが、昨日NHK Eテレで放送していたのをつい録画して見ちゃいまして。BDも持ってるんですけど。
 余談ですが、NHKがここまで放送してくれたのはちょっと嬉しいです。大人の事情もあったかと思うんですけど。でも芸能人とかに対しても、NHKってたまにそういうところありますよね。

 ところで、本作も実はちょっと不可思議なところのある世界のように思います。あの女性シンガーは一体何者だったのか、とか。まあ、基本的には穂乃果としか会っていないので、ぎりぎり踏み止まっているようでもありますけど。
 ただ、やはりどうしても、色々と象徴的な何か、あるいは抽象的な何かの存在を感じてしまいます。

 そして、いきなり話が現実的になりますが、やはり穂乃果は最後までリーダーだなという印象が強く残りました。特にTVアニメ二期では何度かそういう指摘をしてきましたし。
 まあ危なっかしいところは例によって色々とありましたが(笑)。

 そして、EDテーマ曲の『僕たちはひとつの光』。
 勿論歌詞の中に「終わり」っぽい言葉が沢山あるというのもありますが、それにしてもあの歌の「終わり」感は徹底しています。これでもかというように。実は以前それについて書こうかと思ったこともあったんですがキリがないのでお蔵入りになりました(笑)。
 それにしても、僕光のライブシーンの作画は美しいし、また3Dモデリング面でも高度であるように感じます。
 その個所、一体何度見たことか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中