FC2ブログ

独り言: よみがえった黄金の太刀

 先ほど、NHKの『春日大社 よみがえる黄金の太刀~平安の名宝に秘められた技~』という番組を見ました。
 よみがえった黄金の太刀は、いやもうほんと、美しいですね。映像的に特に印象に残ったのは刀身でした。
 素晴らしい。

 さて、私の表現力ではそれ以上言うことはないので、後は見ながら思った素人の戯言。

 螺鈿細工ですが、彫り始めるのにだいぶ思い切りというか覚悟が要ったようです。でもあれ、5cmくらいの練習用のを作って試してから、みたいなことはできないんでしょうかね。例えば、そういうことをしない方が緊張感でいいものができるとか、そういう事情があったりするんでしょうか。
 金細工の人、あれだけの装備、つまり顕微鏡とかあるんだから、同等のものができても気分的には敗けだったんでは(笑)?
 神社って、基本的には神様って姿が不明ですよね。像とか姿の絵とかあっても、それがご神体になってることってあまりない、というか私は知らないし。あまり色んなところにお参りに行ったりするわけじゃないですけど。なんだか、色々人間に口出ししたり喧嘩を吹っ掛けてきたりするよりも、その方が神様っぽい感じがします。まあ、自分達の神様だから当たり前か。

 最後に。
 大切なお宝を同じように復元したいという気持ちはよくわかるのですが、神様にしてみれば……いやそういうことを忖度するのは畏れ多い(笑)ので、例えば後世の人にしてみれば、そのまんま復元ではなく現代の人が作りたいと思ったものが作られた方が楽しめるんではないかなどと思ったりしました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中