FC2ブログ

アニメ: 「この美の宇佐美さんは可愛い」

 この夏にアニメ化、放送されていた『この美術部には問題がある!』ですが、BDの4巻を買いました。

この美術部には問題がある! 4(Blu-ray初回生産限定版)
キングレコード (2016-12-21)
売り上げランキング: 979

 放送が終わった頃にふと思ったんですけど、なんか機会がなくてそのまま忘れていたことを思い出しました。
 宇佐美さんて可愛いですよね。そして宇佐美さんの場合、例えば私のようなおっさんがそう言っても許される(笑)んじゃないかな、などと。

 同じ「可愛い」という表現でも、そのニュアンスは色々です。
 以前の感想に新聞のコラム記事にもなったことを書きました。宇佐美さんの場合には、そのコラムのタイトルが「思わず応援 ヒロインの恋」であるように、つい応援したくなるしはらはらしながら暖かく(生温かい目じゃなく(笑))見守っていたくなるような、そんなところがあると思います。
 この感覚は、老若男女をさほど問わないのではないかな、などとも。

 この4巻には第7〜8話が収録されているのですが、例えばその8話の終盤(「れっつ とれじゃーはんと!」ラスト)でも、見つけた宝の扱いについてそれは美術部の物なのに、内巻君と仲が良いことがいつも気になっている伊万莉さんもごく自然に仲間として見ていましたし。
 また、宇佐美さんの気持ちが全然届かない内巻君も悪いヤツじゃないし、他の登場人物も極めて善良です。客観的な意味でもそうだし、例えば宇佐美さん視点で伊万莉さんを見ても、やはり敵ではない。

 結局はここで言う「可愛い」というのは、まず人物としての魅力があって、作品世界もなんだか優しくて、だから自分もその在り様をまさに応援したくなるというそんな感じなのだと言えると思います。
 これは前にも言ったことですが、内巻君がこっちの世界にいないのは、ほんと彼にとって残念なことですね(笑)!

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中