FC2ブログ

せいじ: 安倍晋三はTPPが嫌いだった?

 昨日(2016-11-04)の読売新聞朝刊三面(3ページの意)に「トランプ氏 我流外交」という記事があったんですが、その最後の方にこんなことが書いてありました。

 トランプ氏は自伝の中で自らを「タフな交渉役」だとした上で、「取引で禁物なのは、何が何でもこれを成功させたいというそぶりを見せることだ」と述べている。

 いや実に当たり前というか、少なくともそのこと自体は誰にでもわかっていますよね。ただ大変なのは、それを実際にどうやるかであるわけですけど。

 特にこれが目に止まったのは、最近の日本の国会の「何が何でもTPPを成功させたい」というそぶりが前から気になってたからかも知れません。……ということは、トランプの言っていたことが理解できていないか、少なくとも実行できてはいないということですね。
 もしかするとこの記事は、国会の様子を揶揄しているのかなーなどと思ったりもしたのですが、TPPごり押しはメディアも同じだし。

 むしろ発想を逆転させてこう考えてみました。国会ではむしろTPPやめようという意見が主流で、アメリカにやめさせようとしてるんじゃないでしょうか。
 日本はこんだけ「何が何でも」というそぶりを見せているので、こりゃもっと押せばもっと譲歩を狙える。でもTPPだと他の国もあるからややこしい。ならもうTPPやめて個別交渉にしちゃえばいーじゃん!という流れ。

 つまり、日本としてはTPPではアメリカ様に対する朝貢が足りないと。さすが犬(笑)!

 まあ冗談半分の話はさておいて。
 トランプの意見をTPPの話に絡めましたが、他にも最近気になっていることがあります。
 メディアが北方領土北方領土とうるさいこと。

 何が何でも北方領土って、まあ最初から無理な話ではありますが、もしや、少しでも日本が有利にならないよう配慮しているんでしょうか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中