FC2ブログ

アニメ: 2016秋アニメ感想 六週めくらい

 今週のアニメ感想です。
 NHKがまたまた宮崎駿を追い掛けていて時代が変わったなーと一瞬思ったけどそもそも彼が最初に監督(的な立場)として作った長編アニメって未来少年コナン(NHK)だったような。

響け!ユーフォニアム2 第六回「あめふりコンダクター」
 あすか先輩の占い絡みで恋愛がどーしたこーしたから「呪われろ」で、
eupho2_6_1.png
麗奈(笑)。
 でもその麗奈絡みでは今度はこんな状況だし。

eupho2_6_2.png
「だから、自分が先生になって、母校を全国金賞に導くんだって」

 そして、
eupho2_6_3.png
扉を叩くのは運命と相場が決まっています。
 なんだか綺麗に一周しましたね。面白い構成。

装神少女ゆまちん
matoi_6_1.png
第6話「ごめんなさい」
 タイトル(笑)。
matoi_6_2.pngmatoi_6_3.png
 可愛いのはソイツじゃなくあんたでしょ(笑)。

Occultic;Nine Site 06「アンタの方だったんだね SHE TOOK A LONG COLD LOOK」
oc9_6_1.png
GAMON YUTA
oc9_6_2.png
我聞 悠太
 というわけで、大体前回予想した、つまり「まさかの主人公死亡」辺りまで来たわけですが、その前辺りとか次回予告とか見ると、関係者の周辺で類似した状況が多発している様子。
 さて、今後の展開は私が文庫で読んだ範囲を超えちゃうわけですが、どうなるのかな。取り敢えずは
oc9_6_3.png
この人?

終末のイゼッタ 第7話「ソグネフィヨルド海戦 Die Seeschlacht im Sognefjord」
 物凄く手に汗握る展開と映像でしたね。あんなにハラハラしたことって最近あまりないような(笑)。
 それは、イゼッタがフラグを立てまくりながら飛んで行ったからってのもあるんですけど、それとは直接関係ないところで色んなことが起きてたからかな。むしろそのフラグこそがダミーだった感じ。
 そして、今回の陰の主役はベルクマンだったと言えると思います。勿論、空母一隻を囮にしちゃうというのもそうですが、
izetta_7_1.png
この「新たな作戦」とか、「エイルシュタットの城に眠るという、白き魔女の伝説に潜む真実」とか。これ、例の「裏切りの魔女」のことかな?  次回が「残酷なお伽話」だし。
 その時にもコメントしましたが、伝説の魔女は「誰を」裏切ったのかというのが重要な鍵となりそうな気が。

フリップフラッパーズ 第6話「ピュアプレイ」
 まさかのユキちゃん先生登場!
flifla_6_1.png
 とかいう冗談はおいとくとして。

 今回はココナや周辺の人物、そしてココナ達の住む世界がどんなところなのかまで含めて色々示唆してくれた感じのする話でした。ただ、示唆してくれても示唆は示唆でわからんもんはわからん(笑)。
 いつものようにピュアイリュージョンに出かけて、でもヤヤカが「ダメだ」と止めてしまうようなヤバそうなホールからココナ達が辿り着いたのは……?
flifla_6_2.png
flifla_6_3.pngflifla_6_4.png
 そこではココナとパピカは共に「いろちゃん」で、家庭の不和のためか近所の「おばちゃん」(テロップでは片仮名ですが個人的にこっちにしたい)のところにしょっちゅう逃げ込んでる様子。
 彼女がユキ先生で、どうやら独身のまま教員を定年退職した後のようです。両親が「変だ」「普通に描け」と叱っていたいろちゃんの絵を誉めてくれた人。
 ただ、そこには気になる人やものが沢山。
 例えばそのおばちゃんはココナの家にいるおばあちゃんに似ているし、そこでは美術部の先輩に作ったように
flifla_6_5.png
お菓子も作っているし、
flifla_6_6.png
TT-392(通称ブーちゃん)を思わせる物も登場するし、
flifla_6_7.png
同じく美術部のシーンに出てきたマニキュアも。ちなみに序盤のシーンでは先輩の絵のサインが「彩 い」まで見えていました。

 ところが場面が進むにつれ、そこもいろちゃんにとって安住の地というわけでもないことがわかります。おばちゃんは近所の人からは身内でもない子供を連れ込んでる怪しい人と思われているし。
flifla_6_8.png
 それは本人も気付いていて、でもそれをわかっているうちはまだ良かった。
 いろちゃんにとってもとても辛いことになってしまったのは、おばちゃんが認知症を発症して言動が怪しくなり、ついには
flifla_6_9.png
彼女のことも忘れてしまったからです。
 いろちゃんはそれで逃げ出してしまったのですが……。

 とても辛い、重い、悲しい世界が、最後に大逆転となりました。

flifla_6_10.png
『もしおばちゃんがいろちゃんのことを忘れてしまったら、その時は教えて。
あなたの名前』

 この約束があったから、そしてそれを思い出せたから挽回できた。

flifla_6_11.png
flifla_6_12.pngflifla_6_13.png
flifla_6_14.png
「いらっしゃいいろちゃん」


 ココナ達はどういうわけかおばちゃんに「彩いろは先輩」と名乗ったし、普通に考えればあれは先輩の過去なんでしょうけど……。ラストでは、変わった絵を描くあの美術部の先輩が「彩 いろは」であることもわかりますし、序盤で彼女はマニキュアを付ける「資格」について語ってもいます。「いろちゃん」はおばちゃんに名前を教えてあげることができなかったのでしょうか。
 でも、ココナやパピカ自身に関連のありそうなものも登場するし、ココナの家のおばあちゃんも気になります。最初、おばあちゃんとおばちゃんはCV同じ人かと思ったくらいだし。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中