FC2ブログ

アニメ: 2016秋アニメ感想 一週めくらい

 というわけで秋期アニメもまあ大体始まったようですが、大体始まったばかりなので今回はまずは概観。
 の前に概観の概観。つまり今期アニメ全体について。まあ見た範囲でですけど。
 なんか、絵が以前に回帰しているように感じます。これは昔っぽい絵という意味ではなく(それについては後述)、マトモになってきているという意味で。これは必ずしも巧緻ということではないんですけど、「ちゃんと外している」とでも言うのか……。

ブレイブウィッチーズ 第1話「佐世保の魔法少女?」
 実は劇場版見てないんですけど、時系列的にはそれでも問題なさそうっぽいかな? でもまあ、見ている方が楽しめるように作ってはあるんじゃないかななどとも思いますが。
 あと、
w-witch_1_1.png
この謎の人物(笑)がどのように関わってくるのかとか興味深い。
 ところでどうでもいいことですがこの台詞。

「ねえお姉ちゃん、あれ見せて」
「えー、またー?」

 間違っても頭の中でおかしなカナ漢字変換をしてはいけませんよね(笑)。でもこういう設定、今期別作品にもあります。面白い偶然。
 あと、さらにどうでもいいことですけど。
w-witch_1_2.png
 こういう曲がる電線ってたまに見ますよねー……。

装神少女まとい 第1話「私、神懸かってます」
 サブタイトルではこうなっていますけど、
matoi_1_1.png
作中の古文書では「憑」になってたり?

私がモテてどうすんだ 第1話「できるかな? リアル乙女ゲー」
 恐いもの見たさでちょっと見てみました(笑)。
 ところでEDテロップのキャストで最初の主要人物が出るところ。無理なのはわかっているんですけど敢えて言うと、芹沼さんを最後にして欲しかった(笑)。

響け!ユーフォニアム2 第一回「まなつのファンファーレ」
eupho2_1_5.png

eupho2_1_7.png
 何だか前にも増して百合百合しくなってますね。実はこれも劇場版見てないんですけど、その間にもしや何か?
 まあ、そう言いつつも以前からあまりそうでもないかなーという印象あったりしました。それは多分、久美子が妙におっさんだから(笑)。それが薄れてきているからこういう印象になったのかな。いや「失礼しまーす」と言いつつ入ってくるときの手でチョップとかやっぱりおっさんかな。
 でも、麗奈の変化が作品の印象大きくを変えているというのもやはりあるでしょう。
eupho2_1_1.pngeupho2_1_2.png
 冒頭のこういうシーンとか。
eupho2_1_3.png
 久美子を見つけてこんな顔するところとか。
eupho2_1_4.png
 オトコを追っ払って勝ち誇ったような顔するところとか。
 でも一番印象に残ったのは、何だかんだ言って実は久美子の方だったり。

eupho2_1_6.png
「どうして?」
「んーん」

 というか、声優さんの演技なんですけどね。

 あとどうしてもこれは言っておかないといけないと思うのは、やっぱりみどりさんがいい! 動きとか仕種とか、あとこの目は一体?とか(笑)。
eupho2_1_8.png

 ……あれ?ストーリーは? ってそれはおいおいでいいか。

終末のイゼッタ 第2話「傷痕と、銃声と Mit Narben und Schüssen」
 思ったよりもイゼッタが人間っぽいんですね。様子がという意味ではなく、いやそれもあるんですが、その存在が。人外ではなさそいうという程の意味で。

フリップフラッパーズ 第1話「ピュアインプット」
 冒頭に「後述」と書いたのは本作のことです。この作品の絵がどうにも興味深くて。
flifla_1_1.png
 こういう雰囲気とか。
flifla_1_2.png
 こういう浮遊/飛行感とか。
flifla_1_3.png
 こういうキャラとか。
flifla_1_4.png
 こういう立ち姿とか。何だかまるで、かがみ♪あきらとふくやまけいこを一緒にしたような。
 すごーく昔っぽい懐かしい、自主制作に近いような作品のノリと絵のようにも思えるし、逆にCGのようにも思える。
 物語の展開の仕方も、古いような新しいようななんとも言えない感じ。
 凄い!というわけではないんですけど、何とも気になる作品です。感覚的に。

おまけ:
ソードアート・オンライン
 今再放送やってますけど、副音声で新たに収録したコメンタリを流しているようですね。アインクラッド編が終わる頃になってやっと気付きました。失敗したー。

コメント

非公開コメント

No title

ブレイブウィッチーズは時系列的にはストライクウィッチーズ一期と二期の間の話になるので、映画は見てなくてもいいようですね。
なのでこの作品の時、宮藤は帰国して学生生活に戻り、坂本も帰国して多分修行の日々でしょう。
出番があるとしたらエイラーニャの北国コンビくらいか。
あの写真は501に参加してまだそんな時間が経ってない頃の写真と見たが、どうなのかな。
話は申し分ないのですが、CGがなんか変に感じるこのアニメ。
動きが悪いというかそういう感じがします。
そこが何とかなれば・・・。

フリップフラッパーズ
確かにそういう相反する二つの要素を詰め込んだというと少しオーバーになりますが、どこがどうとは言えない。
でもなんとなく気になる作品という感じはあります。
初期の京アニオリジナルアニメっぽいとも思いましたね。

ソードアートオンライン
そんなサービスとしてたんですか。
今まで気づかなかった。
今回から音声切り替えしてみよう。
それはそうと、同じ作者の作品で映画にもなっているのにアクセルワールドはどうして再放送されないのだろう。
SAOは映画へ向けての宣伝目的で再放送しているのだろうし。

Re: No title

> あの写真は501に参加してまだそんな時間が経ってない頃の写真と見たが、どうなのかな。
あのように何やら意味ありげに見せるところをみると、色々と関わりは出てきそうですね。
本人が登場するほどのつながりがあるかどうかは別として。

> 話は申し分ないのですが、CGがなんか変に感じるこのアニメ。
ちょっと気になるところはありますが、さて今後どうなるでしょう。

> フリップフラッパーズ
> どこがどうとは言えない。
> でもなんとなく気になる作品という感じはあります。
そうなんですよね。もしかすると一周回って凄く面白いものになる、とかもあるかも?
まあそこまではなくとも、ノスタルジックなのに新しいみたいな感覚では楽しめそうな気がします。

> ソードアートオンライン
> そんなサービスとしてたんですか。
先週の放送の副音声で劇場版の情報を流すという話があったので聞いてみたんですよ。
そしたら、どうもずっとやってたような様子で喋っていたので。

> それはそうと、同じ作者の作品で映画にもなっているのにアクセルワールドはどうして再放送されないのだろう。
うーん、実を言うと私自身も殆んどスルーしているので、その辺りあまり気付きませんでした。
黒雪姫先輩の正体とかは、わたし気になります!けど。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中