FC2ブログ

アニメ: 2016夏アニメ感想総括&秋アニメから一言

 夏アニメ総括と言いつつ一部最終話の感想もありそもそも2クールの春アニメも含みますが。というか2クールのもの多かったかも。
 あと秋アニメから早速一作。

Rewrite
 2クールやって結局バッドエンド&やり直し(笑)。
 いや悪いと言っているわけではないんですが、なんとも壮大な。

クロムクロ 第26話「侍は振り返らず。」
 なんだか今の時期にこういう絵を見ると、つい連想しちゃうものがありますね(笑)。
kuromukuro_26_1.png
 そういえば第1話の感想でも似たような部分を指摘しましたっけ。

Re:ゼロから始める異世界生活
 ラストの辺りで手紙が白紙になっていたその理由をネットで知ってしまい、愕然としているところです。しかも中途半端にしか知ってないのでなおさら。
 これはもう原作、それも原典を当るしか……?

タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~
 当初全くノーマークだったんですが、始まってから意外と面白いという噂を聞いて見てみたらやっぱり意外と面白かった本作。
 ただ、これは多分どうしても仕方のないことではありますが、終盤になると登場する科学者のことや実績などの説明が簡単なものになってしまっていたのがちょっとだけ残念です。

ラブライブ!サンシャイン!!
 なんというかこう、μ'sの物語とは大きく違う物語構造とテーマだったんですが、その辺りの認識が足りなかったのか詰めが甘かったような印象でした。もうちょっと何とかできたような気がします。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 最終話「新たなる使命」
thunder_13_1.png
 ギルガメ……いやなんでもありません。

 それにしても凜さん、そんなに剣が使えたのか。殤さんもそうでしたが、剣を極めたら結局剣を使わなくなっちゃってるとか(笑)。でもそういえばこの話、元々「武侠ファンタジー」であって、それって必ずしも剣使いの話ってわけでもないんですよね?
 その凜だけはちょっと意外でしたが、中々に綺麗に話をまとめたし今後のことも予感させる上手な脚本だったかも。実際、続編が決まっているようですし。失業者の再雇用もやってるし(笑)。
 ところで、最終話でどうなったのかわからなくなっちゃったおば……いや刑亥はどうなったのかな? って変な表現ですが。
 あと、「正道を貫けば、邪道を絶ってしまう。だが、それはつまらん」という凜の台詞がなんか虚淵らしいという気がしました。

この美術部には問題がある!
 これまでの感想でもやはり最も力が入っていましたが、今期の(TV)アニメで最もお気に入りだった作品。
 まあでもこれまでにも何度も「いいぞ」してきたので何を書いても繰り返しになってしまいますね。作品の世界に流れる優しさとか美しさとか、あとは宇佐美さんその他が可愛いとか(笑)色々ありましたが、この夏の癒し的存在でした。

終末のイゼッタ第1話「たたかいのはじまり。 Der Anfang der Schlacht」
 アナログにもほどがありますが、サブタイトルはいつも画面を見ながら入力しています。でも本作の場合、ドイツ語の副題(サブタイトルの副題(笑))が続きそうなので、デジタル化を考えるときが遂に来たようですね。
 まあそれはさておき。

 暦といい地理といい国の名前の雰囲気といい、実在の場所等を非常にイメージさせますねぇ。いいの(笑)?
 まあそれもさておき。
 シリーズ構成とか脚本になんか気になる名前があります。この人の名前で真っ先に思い出すのはソラヲトなんですが、これもなんか作品世界の設定に似たようなところがありました。
 気になるという風に表現しましたが、ほんとに「気になる」んですよね。好きとも嫌いともはっきりと言えない、表現が難しい感じ。さて、本作はどうなるかな。
 あと、絵がなんか好きです。キャラデザとか背景とか動きとかだけでなく、まあまだ一話だけですが、安定している感じが。……こういう評価もどうかと思いますが。

 さて、敵方の最終兵器(?)と主人公が実は通じてたという、なんともとんでもないところから始まったこの話。
 果たしてどんな風に展開するのかな。

 最後にどうでもいいことですが、BDの特典が「エイルシュタット国債」って(笑)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中