FC2ブログ

独り言: 最近、倫理がウザい。

 そして同時に、いつも言っていることではありますが、論理が蔑ろにされ過ぎている。
 いやまあここでは字面が似ているからこういう言葉を使いましたが、別に必ずしも論理のことではなく、誰かが無理を通して道理の側が引っ込めさせられることが多すぎる気がする、という話。

 その原因を考えてみるに、旬の話題を題材にするならば、長谷川豊批判がいいかも。とか言いつつ彼がどんな主張をしているか原文すら当ってないんですけど(笑)。
 例えば、べろんべろんに酔っぱらって車を運転して事故って瀕死の人を特別に税金で救う仕組みがあったら、多くの人はおかしいと思いますよねきっと。それは自業自得だろう、と。
 彼の言っていることの「構造」はそれと同じで、自業自得の人を救うのはおかしいだろうということです、多分。

 問題、つまり批判されるべき点は、話題にしていることがそもそも本当に自業自得なのかということでしょう。

 結果的な状況だけ見れば、医療行為が必要な人に対してどう対処すべきかという問題になり、それを倫理でなんとかしようということになると、どちらも死にかけている人なのだから区別は差別だということになる。
 問題にすべきは、人工透析を必要としている人が本当に自業自得なのか、彼のそういう認識が正しいのかということではないですか? それがウソであるならば、ウソの情報をばらまいたことにもなるし。
 彼に対する批判には、一部にそれを考えていないものが見受けられますが、概してそういう声ほど大きく力強いものです。差別だ!ヘイトだ!というのと同じように。

 しかしこの件に限らず、結局そういう点を蔑ろにして発言するからそれこそ自業自得の苦境に陥る人がいるし、批判というか非難する側にも、倫理を論拠にすることで場面によってはダブスタ扱いされることになったりする人がいます。
 このブログの主な話題となっている二次元の問題だって、結局はそうです。倫理(という形を取っている自分の好き嫌い)に反するものを世の中から(存在からして)抹殺しようとする人が多い。そこに棲み分けという妥協はありえない。何故なら彼等にとっては倫理でありどういうわけか普遍のものだから。「え、だって当たり前だよね?」と。
 アニメなんかを叩いている人たちだって、海外から色々叩かれている対象だったりもするんですけどね。

 だから、嘘も百万遍言えば本当になるというのは、残念ながら事実だったりします。こんなに情報が入手しやすい時代になっても、いやだからこそ、嘘に埋もれてしまう。検索して沢山ヒットする情報の方が信頼度が高いように見えちゃいますし。
 私なんかの立場なら、最近最も鬱陶しいのは「国連」辺りでしょうか。鍵かっこでくくったのは、つまり「国連」を冠するという意味ですけど。
 本当に、ウザいですねぇ。
 でもそのうちきっと、ウザいだけではなくなるんでしょうね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中