FC2ブログ

ラノベ: 『君の名は。 Another Side:Earthbound』感想

 先日見てきた劇場アニメ『君の名は。』ですが、手元にその小説版が二冊あります。一冊は新海誠監督によるノベライズ版『小説 君の名は。』で、もう一冊がこちら↓。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
加納 新太
KADOKAWA/角川書店 (2016-07-30)
売り上げランキング: 2

 前者は、まあ一回しか見ていないですけど劇場版とほぼ同じ内容だと思います。アニメの二つ目の感想で使った本編中の台詞とか形容の表現はそれから引用しています。
 対するこちらの「Earthbound」は作品タイトルにあるように外伝的な位置付けです。そのテーマは、みつは(三葉)とは一体どのような人なのか、ということですね。
 ……と書こうと思って今見たら、帯に「おまえはいったい、どういうやつなんだ?」と書いてありました(笑)。まさにそういう本だったというわけです。

 これは四つの短編で構成され、それぞれ瀧、テッシー、四葉、そしてみつはの父の俊樹の視点から描かれており、みつは自身はほぼ登場していないと言っていいでしょう。ちょい役くらい、もしくは小さい頃とか。
 瀧の話はまあ導入的な意味もあるようで、その終りの辺りに帯に書いてある台詞がモノローグとして登場します。
 テッシーの話でも、実はみつはの中には大抵は、というかちゃんと描かれているシーンでは瀧がいて、テッシーと瀧が共同でみつはを探るような感じです。
 四葉視点では、みつはの日常から発展し、やはり小さいとは言え四葉も「宮水の女」、彼女の背景にあるものに踏み込むことに。
 そして俊樹視点では回想が大半で、そこではみつは達の母である二葉のことが主に描かれています。

 陽と陰、もしくはコスモとカオス。そんな感じで、一人の主人公である瀧の視点からみつはを探るとき、それはまるで背後にある世界のようによくわからないものです。でも多分、みつはから見ても同じことでしょう。
 ただ、まあ比喩に使ったからと言ってみつはがカオスであると言いたいわけではありませんが、陽と陰のように対比されるものであってもそれぞれが対照的か対称的であるとは限りません。有と無ではその在り様が全く違います。
 そしてみつはは「宮水の女」であり、そこには神性、言い換えれば不可知的な部分があります。

 映画を見て、瀧が説得できなかった俊樹をみつはがどのように動かしたのかが描かれなかったのでちょっと興味があったのですが、今回もそこに漸近線のように迫りつつも結局は描かれませんでした。
 しかし、それが成る準備はその時点で、全て完了していた。そういうことだったんですね。
 それは母の二葉の時代から、そして即ち代々の宮水が準備していたことの結実だった、と。

 ある意味、裏の感想に書いたように本作の「謎」は追い求めるものではないと思うし、この「Earthbound」で描かれたことで、それがどのようなものであったかはわからなくとも、それがどのように成ったものかはわかったように思います。
 多分、それでいいのでしょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中