FC2ブログ

アニメ: 『ラブライブ! μ's Live Collection』感想

 Live Collectionの感想というか、映像の感想ですけど。

ラブライブ! μ's Live Collection [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-08-26)
売り上げランキング: 12

 初期のCDのアニメPVから、TVアニメ、劇場版までのダンスシーンを一気にまとめたBDです。アニメ作品本編に組み込まれたりしているのは見たくなっても探すのが大変ですが、これなら一発ですね。
 あと、5.1chの音声(DOLBY TrueHD)も入っているので臨場感も最高!
 と言いたいところですが、残念ながら私のところにはサラウンドの再生環境がないのでわかりません(笑)。

 映像的には、各曲冒頭にタイトルのテロップがちょろっと出るくらい以外はほぼライブ部分のみという感じ。それでもまあ削れないところってのはあるようですが。
 劇場版EDの『僕たちはひとつの光』のスタッフロールのところはどうなるのかと思ったら、各ダンスシーンの紹介でした。あと、花陽の背景の三日月はやっぱりなかったようですね?

 アニメが始まってからの映像には物語が付随しているので、例えば三人バージョンの『START:DASH!!』なんてのはやはり感慨深いものがありますし、そのように色々思い出されるものも多いです。
 ところで『ユメノトビラ』は衣装が何か違和感あったんですが、今思うとあれはどちらかというとAqoursに似合うんじゃないかなーなどともちょっと感じたり。でも、優美っぽい方向に行ってるのでそれともまたちょっと違うかな?

 さて、全部じっくり再生してみたわけでもないんですが、こうして一挙に見てみると、これは以前の感想の繰り返しになってしまいますが、やはり『僕らは今のなかで』(アニメ一期OP)が一つの到達点で、真にそれを超えたと思えたのは『僕たちはひとつの光』(劇場版ED)でした。
 『Dancing stars on me!』のエンタテインメント性や、『Snow halation』のドラマティックな感じなど、やはり特筆すべきものを持つのはいくつもあると思うんですけど、総合的に見てどうしても僕光に軍配を上げたくなってしまいます。
 総合的というのは、舞台の演出から3Dのモデリングとかまで、次元を超えて(笑)。
 その「総合的」の中には、μ'sのメンバーの様子というか雰囲気、というのもあります。「終わり」の歌を本当に楽しそうに歌い踊っているという意味でも。

 というわけで、μ's関連のアニメはそろそろ、本当に終わりってところでしょうか。サンシャインに出てこないという保証もないですが、うーん、多分それはないでしょうねきっと。
 そういう意味で、締めくくりのBDってことになりましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中