FC2ブログ

独り言: 表現規制とエロマンガ (2)

 さて、先日に引き続いての第二回。前回は規制とかおかしいだろという話でしたが、今回はその「線引き」の向こう側とは、という話。エロマンガの悪影響ってなんよ?という話です。

 このシリーズではタイトルにあるようにエロマンガ、つまり二次元を対象としています(でも二次元て最近もっと広く創作物を指すような気もしますけど)。今回は特に、男性向けにもっと限定します。何故なら、実際に「行動に出る」「求める性」というのが問題の前提になるからです。
 そして、限定している割にはふんわりした内容になりますが。ふんわりしたというのは、はっきりとこうだろうと言わないという意味です。あと話も発散気味というか。が、何だかこれまでもそうだったような……(笑)。

 どうでもいいですけど、昨今の「男らしさ」「女らしさ」を何でも否定する風潮ってどっかおかしくないですかね。様式的な部分はともあれ、それらの中にはホルモンなどにより実際に生化学的だったり医学的に、ぶっちゃけて言えば物質的に決まってくるものもあるのに。
 まあそれはおいとくとして。

 さて、悪影響って?ということについては、こんなことについて考えたいです。
  1. 変な性向が植え付けられるんじゃ?
  2. 影響されて目覚めちゃうんじゃ?
  3. いやいやそもそも良い悪いって?

 以前読んで感想を書いた『性の進化論』。これに書かれていることがどの程度受け入れられているか、というよりもどの程度本当にそうなのかはよくわかりませんが、少なくとも旧来の説明よりもよほど筋道立った、説得力のある解釈であると思います。
 で、この本によると、男性のエロティシズムは、一旦刷り込まれてしまうと生涯変らないことが多いそうで。
 となると、別にエロマンガ読んだからって何か特殊な性向が植え付けられるわけでもないだろうし、あるとすると目覚めちゃうって辺りだと思いますけどね。
 これは推測ですらない単なる想像なんですが、いやそれでも変ってしまう筈だという主張は、実は女性から出てきてるなんでことないですかね。

 さて、でも仮に「目覚めた」としても、実際に行動に出るのはそう多くなく、大半はむしろそれで済ます(ガス抜き?とか(笑))筈であり、差引きすると総体としては後者の傾向が見えてくると思うんですけど。
 といった話をすると、いやちょっとでも実際の行動に出るのはダメだろう、という意見が出るでしょう。
 でも考えてみればわかると思うんですが、二次元で何かに目覚めた人が何か行動に移すとしたら、それは例えば「エロ同人誌を作る」とかじゃないですか(笑)?

 そもそも、「悪い」、つまりここから先はダメと線引きすべきような何かって、何がどう悪いんでしょうね。
 暴力的なものであったりグロいものであったり、嫌いな人はイヤかも知れませんが、だからどうだと言うのか。嫌いなものをすべて消し去ることができるのであればその人はいいかも知れませんが、全員がそれをやったら多分、全員がいなくなるんではないですか? ドラえもんの道具にあったように。まああの話では使ったのはのび太だけでしたけど。

 今の世の中を見ているとはっきりと表れているように、思想や主義主張の世界で暴力を使うのは大概、平和主義者です。
 これは別に矛盾でも何でもなく、全ての人が単一の思想を持つことができない以上、それを持たない相手の存在を許せなければ力を使うしかないからです。まあ、ここでは無理やり単一の思想を持たせることも暴力と位置づけていますけど。

 何か話が逸れちゃったので元に戻すと……とは言ってもちょっと飛躍しますけど。
 エロマンガについて線引きしたいという人が、どのような効力を持つ線を引きたいのか。存在すら許さないのか、青少年には「不健全」だから見せたくないのか。

 後者の場合……最近世の中「綺麗」になっちゃって、エロ=不健全てことになっていますけど。
 これいつも言っていますが、第二次性徴期という極めて性的に活発になる時期にそのような空気の洗礼を受けた場合、そのフィルタリングを潜り抜けるのって草食系(とか絶食系)と性犯罪者ばかりになるんではないですか?
 後者だとしばらく前のスーフリとかちょっと前の東大の……名前知らないけど変なサークル(?)とかを連想しますが、前者でも、少し前に見た調査によると、「若者の恋愛離れ」が顕著だそうで?みたいな調査を連想します。
 あれ、調査対象は未婚の人でしたが、20代とかで結婚している人はそう多くないだろうから若者の傾向ってことになるんですよねきっと。

 あるいは、これはずっと古い話になりますが、ジェンダーフリー教育ってあったじゃないですか。
 自分はそんなの受けていないので想像でしかないんですが、あんな教育を受けたら、いざという時に思い出して萎えちゃうんじゃないかなー。

 まあ、最初から最後まで想像ばっかりでしたが、線を引こうとしている人たち、世の中がそんなんでいいんですか?

 いいんでしょうねきっと。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中