FC2ブログ

独り言: 表現規制とエロマンガ (1)

 今更こんな意見をこんな場末でわざわざ素人が述べることに意味があるとも思えないのですが、都知事選も近く、小池候補の漫画に対する規制の姿勢が取りざたされているわけで。
 案の定、やはり「線引きする」ことが前提であるバリバリの規制派ですね。
 今回は、エロマンガにテーマを絞って2〜3回にわけて書いてみます。まあ、全部並べても分量的にはいつも一回で書いているくらいにしかならない気もしますが。

 さて、こういう話になると必ず、「でも何でもOkというわけにはいかんだろ」という意見が出てきます。しかし、どうしてそう物事を一緒くたにするのか。こういうのは、せめて
  1. 何かを創る/表現する
  2. 届けたい、もしくは受け取りたい人のところへ届く
  3. 関係ない人のところへも届く
くらいは分けておかないと。
 線引きをするとしたらそれは1番目や2番目であってはならないと思うんですよ。それをすることがあるとするならば、3番目の過程で、欲していない人、もしくは届くべきでない人(これについては次回)に届くのを避ける場合でないと。

 結局その辺りを分けようとしないから、例えばストリップ劇場みたいにわざわざカネを出してでも見たいと思う人に対して何かを見せることまで「わいせつ」になってしまう。わいせつについては、
  • 徒らに性欲を興奮又は刺戟せしめ、
  • 且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、
  • 善良な性的道義観念に反するもの
みたいなことを言っていますが、受け手がどういう状態にあるかを考えず形式で決まることになっちゃう。
 まあ、それを言い出したら警察が困っちゃうってことでしょうか(笑)?

 さて。
 そういうことになると、結局この「わいせつ」というのは、単にそういう「空気」が広まること自体が気に入らないという代物ということになります。世の中の風紀が乱れるってやつですかね。……なんか、昔のゲームの中にあった言い回しみたいです。
 まあ、わいせつという言葉を出しましたが、今だと「不健全」とかいうものになりますか。そういえばエロマンガの話だったし。この言葉、範囲がふんわりと拡がり、しかも訴求力というか逆らいにくいという意味では強力です。
 しかし最近は、そういうものがあること自体が気に入らない、許せない、だから在るべきでない、という理由の方が多いような気がしますけどね。

 もうこうなってくると、その風紀とやらは一体いつどうしてどういう由来でできたんだよとか色々訊きたくなってきます。

 あと最後にもう一つ。
 これは先日も触れましたが、そういうものを取り締まる枠組みを作るということは、作った人自身がいつ取り締まられる側にまわるかわからないわけです。
 それをわかった上でやろうとしているんでしょうかね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中