FC2ブログ

独り言: 英国のEU離脱是非の国民投票の結果を報じる読売の紙面がヒドいwww

 昨日(2016-06-24)、イギリスで発表されたEU残留か離脱かを問う国民投票の結果は、世界中にかなり大きな衝撃を与えていますね。
 私は株式や金融市場への影響の大きさに驚いてしまいました。いや影響は避けられないにしても「驚き」をもって迎えられるとは。これは勝手な思い込みなのですが、離脱の結果が出ることは折り込み済になっていると思っていたからです。つまり、意外だというのが意外でした(笑)。

 では実際にイギリスがEUを離脱するのかどうかについてはまだ先のことなのでよくわかりません。スコットランドやなんかはどうするのかとか色々な動きがこれからもあるでしょうから。
 実際にはそれよりも、「現在の総体としてのイギリス」はEU離脱の判断をしたという事実が最も重要なことだと思います。

 さて。
 報道機関も当然大騒ぎなわけですが、なんか妙に気になるのが、残留が正しい離脱は誤り!という論調が結構見られることです。私が見た範囲では……って、ほんと範囲が無茶苦茶狭いですが、読売新聞はもう見事。
 見出しから拾ってみると、
「蔓延するポピュリズム」(p1)
「世界を揺るがす残念な選択だ」(p3社説)
「国民投票制 「迎合」の危険」(p4)
「「潰れる日本企業も」」(p8)
「「二者択一」迫った誤り」(p12)
「離脱派 見えぬ将来像」(p13)
といった感じ。まあ強い言葉が使われているものを選択してはいますが、離脱を強い言葉で支持する見出しを省いてはいません。
 つまり、読売新聞としては、イギリスは誤った選択をしたという姿勢を明確に打ち出しているということですね。社説にもはっきりと「離脱は賢明な判断か。疑問だと言わざるを得ない」とありますし。

 それにしても、一面から十二面に続いている竹森俊平のコラム(というのには巨大すぎますが(笑))は凄い。
 見出しからして「蔓延するポピュリズム」とあります。文中にも

人々の間に反グローバリズムのポピュリズム(大衆迎合主義)が蔓延しつつある。

とありますし。まあ大体、「蔓延」っていい意味では使いませんよね。
 社会科は苦手だったのでよくわからないのですが、人々の間に大衆迎合主義が蔓延って、誰が誰に迎合してるのかよくわかりません。
 また、EUや国連から注文を付けられるために

「自分たちが思うような社会が作れなくなった」といういら立ちがある。

とのことですが、自分達の社会を自分達が思うように作れないってそんなに正しい状態なんでしょうかね。以前『ヨーロッパから民主主義が消える』を読んだときに思ったのですが、EUの仕組みはとっても複雑ですね。結局よくわかりませんでしたが、少なくともあまり民主的でないことだけはわかったんですけど……。
 あと、竹森が言っている事って、(日本人である)自分の思うような社会が(イギリスに)作れないことに苛立っているように見えるんですけど?

 投票に先だって発売されたNewsweek日本版の2016.6.28版ではこのイギリスの問題について、「「主権はカネで買えない」英国民の本音」という言葉を表紙の一番下に記しています。
 これは多分、離脱派を特集した記事「「EU離脱」に清き一票を!」(コリン・ジョイス)の最後から持ってきたものだと思います。

 僕の思うに、みんなが投票所で自分の胸に問い掛けるのは「経済に悪影響があるか」ではない。最後に問うのは「自国の主権をカネのために売り飛ばしていいのか」だ。


 ともあれ、正しいか誤っているかについては私はよくわかりませんけど、イギリスはイギリスらしい判断をしたというのが感想です。というかイングランドがイングランドらしい判断を、と言うべきでしょうか。
 まあもっと個人的な感想を言えば、そもそもEUなどというのがグローバル化の象徴みたいなイメージもそもそもおかしいですけどね。多文化共生とか言いながら文字も同じで宗教もまあ同じ人(いや神ということになっていますが)を教祖としている実は排他的な文化圏が作っていたブロックが、他の文化の流入で夢から醒めるきっかけになるかな、というところではないでしょうか。

コメント

非公開コメント

No title

いまさらながらにイギリス問題。
誰も分離派が勝利するとは思っていなかった、と言うのがなんか頭の中お花畑だなぁと。
どっちに転んでもいいように手を打っておくものだと考えていたから。

ユーロを使っていなかった時点でこうなる事も頭に入れていたと思うのだが。
当時の英国政府は。

関連性はゼロなんだろうが、日本が国際連盟脱退した時の国際社会の反応ってどうだったのかなぁと
思ってしまった。

Re: No title

> どっちに転んでもいいように手を打っておくものだと考えていたから。
本文に補足するなら、人々の驚きは「まさか」と「ついに来たか」だと思っていたんですが、報道ではなんだか、まるで前者しかいないかのようですね。

> ユーロを使っていなかった時点でこうなる事も頭に入れていたと思うのだが。
少なくとも大陸の人々は、またイギリスが……と思ってた筈だと私は思うんですけど。

> 日本が国際連盟脱退した時の国際社会の反応ってどうだったのかなぁと
私はその頃の国際情勢(心情的な)はさっぱりですが、極東のえて公が逆ギレしてるな、ぐらいだったんじゃないでしょうか。
って、その「国際」って白人世界だけですね(笑)。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中