FC2ブログ

おカネ: アベノミクスは何故失敗したか (2)

 先日の「アベノミクスは何故失敗したか」の続編。そこで述べた失敗の理由の理由について。

 まあこれも一言で言うと、物事の仕組みを考えてないからじゃないかなー、とか。

 カネを増やせばインフレになるとか思ってる人がいますが、いくら増やしたってそれが市場に来なければないのと同じ。
 インフレになれば需要を促すとか思ってる人がいますが、デフレ、つまり需要不足のその仕組みによって全く違ってくる。買いたいと思える物がないなーという理由ならそうなるかも知れないけど、買うカネがないしーという理由ならインフレ期待は逆に買い控えを招く。
 円安にすればよくなると思ってる人がいますが、というか殆んどの人がそう思ってるみたいですが、それはただ単に、全体的に見れば庶民から大企業へカネが移動するだけであり、つまりは現状なら逆効果。
 株価が上がるのもいいことだと思っている人が多いですが、日本じゃまず一般庶民がそんなに持ってるわけでもないし、加えて株価が上がってもそれは買った人から売った人にカネが流れただけで、短期的にはゼロサムだし。
 その他諸々、常識になっていることがどうしてそう言われているのか理由を考えたことがあるんだろうか?と思うことが多々あります。

 そういえば安倍晋三の増税延期演説(?)もありましたが、野党も野党ですね。「謝罪がない」とかどうでもいいバカバカしいことをまず言ってくるとか。いや、その先がそもそもなかったような。短く切り取られたインタビューしか見てないのでわかりませんけど。
 そうじゃなく、理由をはっきり分析しろと言うべきなんじゃないですかね。

 これまでずっとそれをやってこなかったから、例えば消費税にしても、最初の時は健康な状態、二度目は病み上がり、三度目は病を押して断行しているのに、そんなに影響なかろうとか思っちゃう。
 でもまあそもそも、アベノミクスの二本の矢というのも結局ばらばらだったのですぐ折れちゃったし。本人はもう一本あると思っているようですが、三本目はそもそも出てくるわけがない代物だし。

 さて。

 しばらく前、これはどこで聞いた(か読んだ)かも誰が言っていたのかも憶えてませんが、こんな話がありました。
 役人が同じ過ちを繰り返すのは、失敗の分析をすると先輩の責任を追求することになるからできないんだ、だからだとか。
 さもありなんですね。会社に入るとまずはPDCAというのを習うと思いますが、「C」ができないわけです。

 前述の野党の情けない発言もそれを示していますが、政治家も結局、足の引っ張り合いしかしてないから「バカバカしい」ことが最優先で、「C」ができないんでしょうきっと。
 そんなわけで、結果の分析とかしないからうまく行った(行かなかった)理由もわからないしじゃあどうすればいいかもわからない。まあ、対策は必ずあるとは限らないので後者は仕方ない場合もありますけど。

 結局、毎回学ぶ事なくゼロからスタートするから失敗を繰り返すし、アベノミクスも最初から失敗する運命だった、ということなのかも知れません。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中