FC2ブログ

おカネ: アベノミクスは何故失敗したか

 本当は伊勢志摩サミット前辺りに書こうかと思っていた話ですが、日本の経済なんかよりも大事な話もあったし後回しにしてました(笑)。

 更に言うともっとずっと前に書く予定だったんですけど、それは単に面倒くさくて。
 では何故今回こうして書いているのかというと、以前指摘した「リーマン級」と消費税率上げの話。
 その時には、本当に延期することになった場合に世界経済のせいにしちゃって、各国から文句来たりしない?とか、それで本当に世界の経済が狂ってきちゃったりしたらどうすんの?とか思ったわけですが、その回避策のあまりの秀逸さに感服したからです(誉めてません)。
 一体誰が考えたのか知りませんが、「リーマンショック」だって(笑)。
 こりゃうまいわ。延期の口実にはなるけど、あくまでリーマンの時のようになるかも知れないと「予測した」だけであって外れても(多分)日本の責任だし。
 ちょっと座布団一枚くらいあげたいですね。
 勿論、面白いという意味で。

 でもまあ、首相がこのような発言をするようになってはもう、アベノミクスは失敗確定ってことですか?

 さて前置きが長くなりましたが、本題は一瞬で終わります。なんせ、これまでにも何度も書いてきたことですからね。ただ表現はちょっと変えてありますけど。
 では、アベノミクスは何故失敗したか。それは、毛利元就が教えてくれます。

 アベノミクスは、「三本の矢」でなかったからです。

 以上。

 もうあとは蛇足ですが、「三本の矢」の逸話は、上記のWikipedia見ると一部創作もあるようですが、基本的には一本ずつだと折れる矢でも三本束ねれば云々という意味合いですよね。
 これは、力を合わせることの重要さを示しているということでもありましょうが、ここではそれよりも、それらの「矢」が組み合わされることで初めて効力を発揮する、つまり政策の仕組み、ストーリー、構造、それらが重要という意味で言っています。それは、適切なタイミングという意味も含まれています。
 孫子にもありますね。広辞苑によると、

○巧遅は拙速に如(し)かず
[孫子作戦「兵聞拙速未観巧之久也」] できがよくても遅いのは、できがまずくても速いのに及ばない。物事はすばやく決行すべきであるとのこと。

だそうです。巧遅より拙速の方がいい。ただこれも、何でもかんでも速ければいいというわけでもないでしょう。速すぎて早すぎるというのもやはり同様。

 今回の「三本の矢」で言えば、やはり同時にということが大事だった筈です。同時にというか、人々の気持ちがそちらに向かっている時にということ。
 つまり、折角日銀が一本目の矢として「異次元緩和」というサプライズを用意というか演出したのに、デフレ脱却を目指している筈が消費を狙い撃ちした増税をぶちかますとか、一体どんだけ足並みが揃ってないのよ、ということです。
 だから、アベノミクスは三本の矢ではなく一本の矢が三本(か二本)あっただけという意味。

 というわけで、なんか期間がこれだけだとちょっと不安なデータではありますが、

nikkei_20160425p3.png

日本経済新聞 2016年4月25日 朝刊 3面「景気足踏みリーマン級?」より

どうやら2014年の消費税率上げで消費はすとんと落ちてそのままって感じ。
 というか、つい最近も見ましたが、消費税率上げて「一時的に落ち込むことはあるだろうが」という言い方をする人がいるのは不思議。同じ日経でもちょっと前にはこんなグラフを載せていました。

nikkei_20160330p3.png

日本経済新聞 2016年3月30日 朝刊 3面「国内景気にふらつき」より

 これ「ふらついて」いるように見えますが、前年同月比だということを考えてみると一つめのような動きであることはなんとなくわかります。というか、わざわざわかりにくくしてたんでしょうかね?

 だからというか、今だと増税で悪くなることはあってもやめたからといって何かいいことがあるかどうかよくわからないですね。なんせ、これもまた一本だけの矢ですから。最早日銀のやることもそうサプライジングではないですし。いや矢というか、それやめても他の要因でどんどん消費は阻害されてるしね。
 というわけでもう何度目かわかりませんが、千載一遇のチャンスをまたもや逃してしまった日本経済の、明日はどっちだ?

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中