FC2ブログ

歌とか: 題名のない音楽会で『コネクト』やってた

 今日(2016-05-08)の『題名のない音楽会』の題名は「世界で愛されているアニメミュージックの音楽会」とのことで、ちょっと注目していました。最近交代した司会の五嶋龍さんが何か現代的なノリだし、番組紹介のデータにも「これまでのアニメ音楽特集とは一味違います!」などと書いてありましたし。

 実際見てみたら、演奏曲が『ワンピース』『創聖のアクエリオン』『響け!ユーフォニアム』『おそ松さん』『進撃の巨人』とあって、確かに一味違う感じです。
 で、最後の曲が『魔法少女まどか☆マギカ』からということで一体何が来るかと思っていましたが、そこまででは主題歌が多かったので『コネクト』かなと思ったらやはりそうでした。

 まどマギのOP曲『コネクト』と言えば、聞いた途端に大好きになり、CD出る前から音声データを吸い出して聴きまくっていましたっけ。
 そういうことをやったのはこの曲が初めてで、当時はまだあまりそういうテクも知らず、今思えば随分とまあまどろっこしいことをやっていますね。

 さて、他のものもそれなりに楽しんだのですが、やはり私にとって『コネクト』は別格の曲です。なので、本エントリでもやはりそれを特に扱います。

 ところで、今回アドバイザ的にゲスト出演している田中公平氏ですが、だいぶ前にNHKでやってた番組に出てた頃と比べるとだいぶ丸くなりましたね。……顔が(笑)。
 というのはおいといて、この人とは好みが合うかも。今回の『コネクト』もそうですが、そのNHKの番組で言ってたこともね。なんせ、こんな感じですから。

「さて、最後の曲はなんでしょうか」
untitledconcert_20160508_1.png
「まどマギでしょうね!」

 この楽しそうな顔!

 そんなこんなでやっと本題です。番組中の紹介ではこんな感じでした。

untitledconcert_20160508_2.png
「オープニング曲『コネクト』は、
少女アニメの王道のようなメロディラインですが、
サビの中に何度も、メロディのモチーフが繰り返される技法を使い、
頭に残るよう作られています」

untitledconcert_20160508_3.png
「この何年かで書かれたメロディの中では1位2位を争うような美しさと私は思っています」


 その曲が、編曲山下康介、ヴァイオリン石川綾子、そして東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の演奏で披露されました。

 いや、素晴らしかったですね。編曲も、ヴァイオリンのソロに近い静かな部分とか、Bメロでは主旋律を楽団の方が担当していたりしてちょっと新鮮、また間奏やCメロ(というの?)も贅沢に入れてあったし。
 出だしなど、なんかとっても綺麗でした。スタッカート的な部分とかも意識しているのが、ああわかってるなという感じだったし。

 この『コネクト』は、上記のように最初から気に入っていたというのもあるし、アニメ作品自体も好きだったというのもあるし、大震災という空気もあったしで、やはり個人的に特別な曲です。
 それを、ちょっと久しぶりに、ちょっと違う形で聴けたのはなかなか楽しい体験でした。

 というわけで、アニメの第10話を見返したりしちゃいました。
 この話も、『コネクト』がちょっと違って聞こえた時でしたから。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中