FC2ブログ

アニメ: ラブライブ二期再放送で思ったこと

 NHK Eテレでアニメ『ラブライブ!』の、この年初の第一期に続き第二期の再放送が始まりました。
 本放送の時の感想にも何度か書きましたが、私は二期では殆んど、穂乃果がどう考え何を言いどう行動するかばかり見ていたように思います。

 今日放送された第1話も、意図してのことではないとは言え、一度はラブライブ出場を見送るような態度をとり、皆が出場について語り、意識を共有した上で穂乃果を説得するということでまとまったところに、こうぶち挙げるわけです。

lovelive2_1_1.png
「優勝を目指そう!」
「ラブライブの、あの大きな会場で精一杯歌って、私達、
lovelive2_1_2.png
一番になろう!」


 一期の終盤、学園救済という目標でありかつ目的であるものが失われた後、穂乃果は悩んでいました。そこで、目的の重要さというものを考え抜いたわけです。そして、それを新たに見つけたところで物語は結末を迎えました。
 だから今、そこで悩む必要はない。目標は好きなだけ大きなものを掲げればいい。
 そうして走り始め、見事に実現させることになるのが第二期です。その過程で描かれるのは、まあ色々あるわけですけど私が注目したのは冒頭に書いたように、穂乃果のリーダーとしての在り方だったり、実はマネジメントとかもやるようになったところだったり、責任者としての幕引きの決断だったりであったわけですね。

 さて、ここでいきなり話は変りますが。
 あちらは弱小とは言えプロのアイドルの話ですが、アイドルや歌を主要な題材にしたアニメが比較的近い時期に制作されていました。『THE IDOLM@STER MOVIE』です。まあ、どのくらいを時期的に近いと表現するかについては異論もあるかも知れませんが(笑)。

 あちらはまずゲームがあったわけですが、それはアイドルをプロデュースするゲームであり、つまりは設定上、プレイヤーが中の人となる導き手がいることになります。また、ゲーム制作の戦略として、プロデューサーさんのために、というニュアンスも無視するわけにはいきません。
 つまり、アイドル、歌などといった共通項があるとしても、この二作品には本質的なところに大きな違いがあると言えます。

 この辺り当時は気づきませんでしたが、後になってそのことに思い至ってみたら、自分にとってのこの二作品の位置の違いがよくわかりました。
 個人的には私はアニメ作品としてはアイマスよりもラブライブの方を好んでいるのですが、他の要素の違いが仮に全くなかったとした場合、私はやっぱりラブライブを選ぶでしょう。
 それは、穂乃果が穂乃果であるという、つまり自ら道を作り皆を引っ張っていく、そういう作品の最も本質的な部分が気に入っているからです。

 であるからして、以前述べたように、NHKのそれもEテレで放送するのに意外と合っているのではないかなどと思ったりしたわけでしょう。
 教科書に「僕の前に道はない ……」とあるのと同じように。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
 

最新記事
勝手広告その2
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中