FC2ブログ

せいじ: 安倍晋三の危うさ

 危うさと言っても、サヨクがよく言うような意味ではないですけどね勿論。
 安保とかよくやってると思いますよ。なんせ、憲法9条2項がある限り、アメリカの言うことは何でも聞かないといけないのに、そういうのを批判する勢力がどういうわけかどうしても改正させてくれないんだから。どうしろっつの。いやまあアメリカでないといけないというわけでもないんですが、消去法でいくと他残らないし。
 前にも言ったように思いますが、サヨクの言うことって不思議と昔の朝廷を連想させます。血の穢れを嫌って争い事を見ないことにして、結果的には武士にアウトソーシングしたことです。ただ当時と違って、アウトソーシング先が「朝廷」(今回は日本そのもの)の支配下にないというのが問題ですが。

 さて、危ういと思うのは、言ってみれば、明治の頃の繰り返しですね。帝国主義に遅れて乗り込んで、その終焉と共に大やけど。まあ、その帝国主義に止めを刺したのは皮肉にも日本だという側面もありますけど。
 今度のを引っくり返すのはどうもイスラムになりそうな感じでしょうか? となると、そもそも欧米キリスト教勢力そのものの衰退ということに至る可能性も?
 なんせ、フランスみたいな国のお題目が引っくり返されようとしているわけですから。もしそうなったら歴史の大転換です。

 ともあれ、立ち位置的に長州の流れを汲むためなのか、どうにも安倍晋三にはあの頃と同じような指向がある気がします。でも、彼の欠点は難しいことを考えるのが苦手っぽいところ。
 ここでの「難しい」というのは、論理的とか合理的とか科学的とか、そういう分野でのアタマの使い方のこと。外交みたいなのは逆に得意そうですね。そういう意味では彼は、総理大臣よりも外務大臣の方が似合っているかも。
 ただ日本では、外交をやるには外務大臣ではだめで、やはり首相でないといけないのが苦しいところ。もう外務省は外務庁に格下げして事務手続きだけさせて、外交省とか上位に作れればいいのに。

 それにしても、前に、消費税率を上げるかどうかの判断を海外に押し付けちゃっていいの?と言いましたが、まさか震災の方で先に判断を迫られることになるとは彼も思ってなかったでしょうね。増税を決めればあれは大震災級じゃないと判断したことになるし、大震災だと言えば増税できないことになるし。いやまあ、「〜がなければやる」というのは「〜があればやらない」というのと同義ではないですけど。

 まあそういう話はおいとくにしても。
 経済政策なんかがまさにそうでしたが、イデオロギーに振り回されてしまうところがあるように見えて、とても見ていて不安になります。
 大丈夫なんかなほんとに。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中