FC2ブログ

おカネ: 10%への消費増税は、延期してもそんなに変んないかもしんない

 このところ、拝外的と言われるくらい外国の経済学者を呼んで消費税10%への増税の延期の空気を作ろうとしているかのように見える安倍政権ですが。いやその前に、それが演出ならば「拝外的」なのは安倍晋三じゃなくそれを受け止める側(メディアとか)がそうだと思われているってことのはずですけど。
 でも、8%の時と違って、今度は延期しても、悪くなることはあってもそれで良くなることはないんじゃないかと思います。まあ、8%の時にやらなかったら良くなったかというと、それは私がそう思っているだけなのですけど。
 だから、今回は前回ほどは強硬な反対をしていません。
 いや、私が反対しようがどうしようが世の中が変るわけでもないですけど。

 私が思うに前回の時には、これまでの二十年くらいとは大きく違う、画期的なことが起きていました。それは、「協調して」の景気対策が行われる可能性があったことです。具体的には、日銀も参加しての、全力での改善策です。
 これまではもうそれ以前に、政府のやっていたこと自体が絵に描いたようなToo little, too lateで、littleなのは単にしみったれているというだけでなく、別のところで反対のことをしていたりしたこともしばしば。
 だから、「アベノミクス」などと呼ばれるようになったあの時には、今度こそと思わせる雰囲気はあったのです。
 まあ、いつの間にか竹中平蔵なんかが紛れ込んでいる辺りに不穏なものを感じてはいましたが。

 それが、あろうことか……。

 車の両輪のごとく、片方だけやってもダメなんですけどね。これまでとは逆に、今回なら、カネを放り込んでもそれがどこに流れるか放置じゃねぇ。というかむしろ吸い上げてたりさ。
 こうして、ある意味では最後のチャンスを逃してしまったわけです。
 合掌。
 最後というのは、もうあるべき姿とは違う流れができてしまったという意味でもあるし、これから例えば10%を延期しても今度は日銀のやることがすでにサプライズでないし。

 でも、そもそも元々、誰が呼んだか知りませんがアベノミクスの名前の元となった安倍晋三が物事を理解していなかったように思えますしね。
 例えば、デフレになるような要因がある状態、つまり需要不足の状態でインフレになって、果たして消費が促進されるか?単に買い控えが発生するだけではないか?とか。あるいは、売る側の儲けにならなければスパイラルにならないんだから、為替や増税で値段が上がったって無意味というか逆効果じゃないの?とか。
 あとは、円安で株高になってもそれは業績のためじゃなく為替のせいで、あとは上がるから上がるのであって、でも株が上がって資産効果かが云々と言ってもそれは別の人が使えなくなっただけだし、そもそも株やってる人の割合だって少ないから他人事だし。第一、GPIFまで使って株高を演出しても、投資家、というか投機家の実力を考えると単に海外に何兆円か流れただけなんじゃないの?とか思ったりするのですが、それは単なる印象なので実際はどうか知りません。
 それから、成長戦略とか原理的に不可能だし。

 ともかく、これはいつも口をすっぱくして言っている……というよりも書いていることですけど、仕組みを見ずに考えた策なんてうまく行く方が不思議ってなもんです。
 そんなわけでもう10%にするとかしないとか、あまり関係ないんじゃないですかね。落ちるという意味では。
 まあ、前回は60%の増税で今度は25%なので、さほど酷さに違いは出ない、かも???

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中