FC2ブログ

独り言: いつまで経っても日経は日経

 先日(2016-03-06)、日経新聞朝刊の34面、つまり社会面の更にどうでも良さそうな大きさの記事で、こういうのがありました。

著作権者不明作 データベースに 文化庁

 文化庁は、過去に発表されたテレビドラマや歌謡曲、論文などのうち、著作権者が分からず、利用許諾を得るのが難しくなっている作品のデータベースを作った。

 あー、TPPで保護期間が延長されて孤児著作物がどうこうって話かなー、でもドラマや歌謡曲、論文だけ?という感想を持ちました。そういう感想を、それも推測の形で持ったということは、記事中にTPPとか孤児著作物という言葉は一切出てきていないということです。

 ところで、今朝(2016-03-08)読売新聞朝刊を読んでたら、こんな記事を見ました。

著作権不明 対策案
小説・音楽 8団体が権利者捜し

 小説や音楽、美術などの8著作者団体は7日、著作権の所有者が見つからない作品「孤児著作物」の円滑な利用を進めるための対策案を発表した。環太平洋経済連携協定(TPP)で著作権の保護期間が延びると、孤児著作物が増え、芸術作品の活用が妨げられる恐れがある。8団体は今月中にも、文化庁に対策案の試験実施を提案する。

 これは7面(経済面)で、記事も日経よりは大きいし、解説図なんかもあります。
 この出だしに続く内容には結構似ているところもないではないのですが、決定的に違うところもあります。日経では文化庁が何かをした、というだけの記事だったのですが、読売では主体も対象も全く別物です。だから、同じことを報じたのかどうかすらもこれだけだとよくわかりません。
 多分、ちゃんとした人がどこかで読み解いてくれていると思います。

 それにしても。
 以前からずっとずっとずーっと何度も指摘していますが、本当に日経はTPP関連で著作権の話をしませんよね。TPPと言えば、自由貿易で躍進する製造業と抵抗勢力の農業、協定の決め事は関税、という報道一本槍(昔風に言えばワンパターン)で、たまにちっちゃい記事だかコラムだかわからないような著作権記事が出ると驚いちゃうくらいで。
 あ、一面トップでどでかく著作権はもう諦めろといいたげな記事が出たことがありましたっけ。
 まあでも私も途中から著作権の話ばかりしていたので人のこと言えないかも知れませんけど。

 数年前、TPPは「関税自主権の撤廃」と「治外法権の回復」だと書いたことがありましたが、遡ると長州に辿り着く首相がそういう協定に前のめりってのも可笑しいですね。
 まあ考えてみるとグローバリストであることはある意味「らしい」ですし、自称「保守」政権がグローバリズム礼賛で金融金融でアメリカーンな経済やってる皮肉もやむなしかな。
 でも経済に関しては、アベノミクスなどと命名されちゃったけどそもそもよくわかってないようにも感じますが。

 以前、日本のITがダメダメである理由を見ると、そこには日本の経済がダメダメな理由が全部(は言いすぎですけど)つまってるよみたいな話をしましたが、その中でも最も足を引っ張っているのがマスメディアだと思います。
 日経なんかも報道しない自由を駆使する辺りやはり所詮は同類って感じですが、どんなもんでしょうかね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中