FC2ブログ

マンガ: 洋楽を聴かない私がデビッド・ボウイで思い出すことと言えば

 世はデヴィッド・ボウイの訃報に大層な騒ぎになっているわけですが。
 でも私は洋楽とか聴かないし……殆んど。で、
  • 日本人で
  • 洋楽聴かない
ってことになると、まあまずは戦メリの人?ってのがパターンですよね。私も一応当てはまります。
 しかし、映画は一回しか見てないしどっちかというと坂本龍一によるテーマ曲の方が印象に残ってるし。

 私の場合はむしろ、こんなものの方を思い出したりします。

レディキッド&ベビイボウイ―複製原画集
かがみあきら
笠倉出版社
売り上げランキング: 1,865,522

 って、コミックスの方はAmazonにもないのかな?

 設定は宇宙を舞台としたSF。主人公はボウイとミサ。
 作中に、その二人のこんな台詞があるんですよね。

「そういえばあたしボウイの本名聞いた事ない」
「あれそうだっけ?
デビッド
なんてね」
「……ふーん
よーくわかったわデ・ビッ・ド」
「じょ冗談だってば」

 冒頭でWikipediaを参照して「デヴィッド」と表記しているのにこのエントリのタイトルが「デビッド」なのは、こっちが本題だからだったりします(笑)。

 残念ながら作者のかがみ♪あきら氏(音符は16分音符の二連符で表記することも省略することも多い)は、本作の連載中に26歳の若さで急逝しているわけですが。よってこの作品はコミックスでも「未完」として途切れています。
 かがみ氏の真骨頂と言えるテーマが鏤められ、結構興味深い背景もありそうな連載がこのように中断されてしまったことは、とても残念です。
 武骨なメカとそれが護るようにしている女の子。このモチーフは本作でも特に印象的な部分でした。

 あとミサ可愛いし(笑)。

 しかし、夭折しても天才は天才、という風に私なんぞは思うわけですが。彼の持っていた世界というのは色んなところに影響を及ぼして今も息づいているように感じたりしますから。
 というわけで、タイトルとは全然違う人に合掌。

コメント

非公開コメント

プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中