FC2ブログ

独り言: 日経のTPPに対する報道姿勢

 ずっと以前から、日経新聞のTPPに関する報道については、製造業vs.(抵抗勢力の)農業の関税に矮小化する(は言い過ぎでしょうが)という一貫した姿勢について指摘し、批判してきました。
 それが先日、何日くらい前か忘れましたが、日本政府が大筋合意としたのを受けたのか、一面トップ記事でそれ以外の、まあ言ってみればルールに該当する項目についてまとめて報じていました。そろそろ報じてもよかろ、というところですかね。

 何で今頃そんなことについて書いているのかというと、今日(2015-10-25)の「春秋」に漫画文化とTPPがどうこう、というのが書いてあったからです。
 なんとも白々しいという感じですが、それではこちらは、創作で対応してみましょうか。つまり、「この推測はフィクションです」という奴です。陰謀論みたいなもんですね。

 察するに、まあ日経株価指数の組み入れがどうこうとか経団連がどうこうとかから察するに、製造業の輸出が全て、ということでしょうか。強敵は農業。そこで、製造業vs.農業の対立構造をライトアップし、農業関連の勢力を抑える。
 農業は予断を許しませんが、知財とかはまるで力がないので、確実なバーター材料ですね。途中で著作権保護期間70年!とか一面トップで報じたりして印象づけておけばおk、という感じ。
 まあ、そんなところでしょうか。

 かくして、日経の製造業に対するご奉仕は大体実を結んだようですが、さて、こういうITの時代、そういう価値観でいいのか。そもそも製造業すら守れないんでは?

 ところで、アメリカではクリントンが反対の姿勢になっててどうこうみたいなことが言われていますが、あれは日本で批判的な層とは逆の意味ですよね。現時点のTPPは「不充分である」という認識のようなので、まあ要するに、もっとやれということでしょう。
 だから、あの人が反対していることで安心できることがあるかというと全くないわけで。

コメント

非公開コメント

No title

今となってはもう、「決まったからには仕方ない。現状の枠の中で出来る事をやっていこう」しかないのでしょうかね、TPP。
実は対中国包囲網なんだとか陰謀的な話が言われてますが、真相はどうなのかな。
あっ、その出来る事が一つ浮かんだ。
いつかこのシステムが破たんした時に備えて新しいシステムを考えておくことだ。

そう言えば、TPPに似たシステムって以前日本政府も考えていた事があり、実行しようとしたが失敗に終わった、いや終わらせられたと言うのを「さかのぼり日本史」という番組で見た事がある。
皮肉な物だな。
そう見ると。




Re: No title

> 今となってはもう、「決まったからには仕方ない。現状の枠の中で出来る事をやっていこう」しかないのでしょうかね、TPP。
そして日経は、そうなるまで黙ってたというわけですね(笑)。

> 実は対中国包囲網なんだとか陰謀的な話が言われてますが、真相はどうなのかな。
というか、元々そういう意図はあったと思います。色んな思惑が重なっているからややこしいのだし、安全保障のための譲歩というのは沢山していそうですよね。

> 皮肉な物だな。
> そう見ると。
最近、株価じゃなくROEを見ようなどという報道が多いですが、あちらさんでは、もうROEは古い、これからは……なんだっけ。
略称忘れましたが、環境とか社会貢献を意識したパラメータで評価するのが流行りみたいですね。

でも結局それ、松下(Panasonicに非ず)に追い付いたってことじゃないの?とか思ったりします。
日本は周回遅れで、最先端は昔の日本、みたいなのってたまにありますよね。
プロフィール

水響俊二

Author:水響俊二
水響 俊二 [MIZUKI Shunji]

暫定的に、18禁作品の感想などは裏サイトで書いています。
   

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
アクセス解析中